23
August , 2017
Wednesday


役にたたない英語おせーたる(106)ロレックスの腕時計

2015年12月5日(土)09時00分更新
Pocket

 私のパートナーは時間にルーズ。30分、1時間遅れるなんてざらである。そんな時間にルーズな人に限って、clock(時計)だのwatch(時計)だのをたくさん持っている。わけが分からない。

 ちなみに、clockは持ち歩かない時計、つまり、wall clock(掛け時計)とかtable clock(置き時計)とか、watchは携帯用の時計、つまり、wrist watchとかpocket watch(懐中時計)とかのこと。

 中国製の安物から、数百ドルするSEIKO(セイコー)やVictorinox(ビクトリノクス)まで数十本ある。”You have enough.”(これだけあれば十分でしょ)と思うのは、watchにまったく興味のない私だけなのか、彼の「時計欲しい!」欲はとまらない。

 彼の夢はRolex(ロレックス)。自分で設定したmilestone(人生における目標)を達成したら、Rolexを買う!と心に決めていた。で、最近、そのmilestoneを達成したのである。自分でも予想外に早かったようで、”I may postpone a Rolex for a while.”(ロレックスはちょっとお預けかな)なんて言っていた。というのも、こんなに早くmilestoneを達成するとは思っていなかったようで、ほんの数週間前にSEIKOの、これまた数百ドルするwatchを買ったばかりだったのだ。

 Rolexを売る正規店はこの町に1店舗しかない。先週末、”I just want to try them on.”(試着してみたいだけだから)なんて言って、そのjewelry store(宝石店)に連れて行かれた。

 お店で「Rolexを見たいんですけど」と言うと、わざわざマネジャーが接客してくれた。このご時勢、Rolexを買う客も少ないのだろう。このマネジャー、百戦錬磨のセールスマンといった感じで、Rolexの知識に長けているし、若い客だからといって見下ろした態度もとらないし、押し付ける気配も感じさせない。パートナーはパートナーで、長年の夢であるRolexについてはかなりリサーチしていたようで、マネジャーと対等に渡り合っている。

 あれやこれやと試着していたが、結局、一目ぼれしていたのがあったようだ。さすがに高い買い物なので、”What do you think about this? What do you think? Is this better than that?”(これ、どう思う? どう思う? あれよりいいと思う?)なんて聞いてくる。”It will be yours. You choose what you like best. But this looks good on you.”(自分のものになるんだから、自分が一番好きなのを選びなさい。でも、これ、似合ってるわよ) と言ってみたが、その場ではやはり思い切ることができず、”I’ll sleep on it.”(一晩考えます)と言って店を後にした。

 家に帰ってからもRolexは彼の頭を離れず、ずーっとRolexの話とオンラインリサーチである。”You decided to buy a Rolex when you hit the milestone. You found the one you like. You will buy one sooner or later, anyway. When you buy one, buy at an authorized store, not online.”(マイルストーンに達したらロレックスを買うって決めてたんでしょ。お気に入りを見つけたんでしょ。遅かれ早かれ、買うことは買うんだから。買うなら正規店で買いなさい、オンラインはだめ)と言ったら、ようやく決心がついたようだ。その日のうちに店に電話して取り置きしてもらっていた。試着のつもりが、本当に買っちゃうんだから。あのマネジャーの商売がうまいということか。