20
August , 2017
Sunday


16日に1stアルバム「初陣」を発売、甲冑で歌うロックバンド「LION CODE」登場!!

2015年12月15日(火)10時30分更新
Pocket

 

ロックバンド「LION CODE」の活動に注目だ!

和とハードロックを貴重としたジャンルフリーのスペシャルバンド「LION CODE」(雷音鼓動。ライオンコード)がファーストアルバム「初陣」を16日にリリースする。

 メンバーは1980年代、ハードロックバンドとして人気を博したBLIZARDのボーカル・下村成二郎と、下村は「30年来の付き合い」と語る「Gusty Bombs」のベーシスト・池田鷹浩。

 同アルバムはバンドの本格始動に先立ち、制作に何と3年の月日を費やした珠玉の1枚だ。

「俺は明日死んでもいいように今日を目一杯生きる性分。一日一生(いちにちいっしょう)をコンセプトにしている。

 50歳を超え、やりたい事をやる人生を送る為にLION CODEを作った。拘りは甲冑姿で歌う事だよ」と下村は笑う。

 自ら秀逸と語る曲『WE WILL RISE AGAIN』は正に下村が掲げる一日一生の考えが歌詞になっている。

「“明日死ぬかもしれないという気持ちで今日を生きる。ただ、肉体は有限であっても魂は無限。魂は転生輪廻を繰り返し、成長していく”という内容。死んだら終わりという唯物論が嫌い」(下村)

 ロック歌手らしくない思想の持ち主だが、他人の評価など眼中にないのが下村。一日一生の生き方は魂の修行にプラスだという。

 最近では『太陽の法』(幸福の科学出版)を愛読中。「魂は永遠。この世は魂修行の場という考えは俺と一緒。偶然とは思えない」と驚きを隠せないようだ。