25
November , 2017
Saturday


ボールライトニング 2歳リーディング確定的ダイワメジャーの勢いで…

2015年12月17日(木)09時29分更新
Pocket

2011年のルーキーイヤー以来、4年ぶりに2歳リーディング首位で2歳GⅠシリーズに突入したダイワメジャー。2年前のマーブルカテドラルの5着が最高と相性の悪かった阪神JFでも、メジャーエンブレムが1番人気に応えて快勝。2位のディープインパクト産駒は今週の朝日杯FSにはエントリーがないため、ダイワメジャーの初の2歳リーディングが確定的となった。ダイワメジャー産駒は朝日杯FSにも新馬↓京王杯2歳Sを連勝したボールライトニングが出走。さらなる獲得賞金の上積みを狙う。米国産でデヒア産駒の(外)として走った母デフィニットは芝1200メートル戦で1勝。新馬→フェニックス賞→小倉2歳Sとデビューから無傷の3連勝を飾るなど、短距離戦で活躍したデグラーティアを出している。祖母ヒロオガーデン(父カーリアン)は不出走。産駒に火打山特別など芝1800メートルで3勝のキャッスルブラウンがいる。また、キャッスルブラウンからはクロッカスSに勝ち、新潟2歳S、京王杯2歳Sとも3着のニシノラッシュが出ている。母系にカーリアンを持つダイワメジャー産駒にはコパノリチャード(高松宮記念など重賞4勝)、ゴールデンナンバー(京都牝馬S2着)がおり、相性の良さを見せている。ボールライトニングの生産者は、栃木の那須野牧場。ナスノカオリ(桜花賞)、ナスノチグサ(オークス)姉妹を生産した名門牧場に、久々にGⅠ制覇のチャンスが訪れた。 (笹栗康昭)