20
August , 2017
Sunday


【米国】すわテロか!?「スター・ウォーズ」最新作上映中に緊急避難騒ぎ

2015年12月18日(金)04時34分更新
Pocket

消防車も駆けつけたパシフィック劇場(@bridalbar/instagram)

消防車も駆けつけたパシフィック劇場(@bridalbar/instagram)

 今年一番の話題作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の先行上映でごった返す米国・ロサンゼルスのシネマコンプレックス「ザ・グローブ/パシフィック劇場」で現地時間17日夜、まさかの“テロ”騒ぎがあった。

 現地メディアによると、18日の一般公開を前に上映された「スター・ウォーズ――」の上映開始から約20分後の午後8時30分ごろ、同劇場の火災報知機が鳴り響いた。人が大勢集まる場所でのテロを厳重警戒している米国だけに、劇場スタッフは客全員の避難を誘導。すぐに消防車やパトカーが駆けつけた。

 幸い警報は誤作動だったことが判明し、順次、スクリーンごとに再上映が行われた。

 避難の様子はたちまちツイッターやインスタグラムを通じて世界中に発信された。