20
November , 2017
Monday


G線上のホース 朝日杯FS 「母はあの時負けなかった!」

2015年12月19日(土)07時45分更新
Pocket

阪神11R 朝日杯FS

先週の阪神FSはメジャーエンブレムが強い競馬で勝利。強い競馬でしたが枠順、内が伸びる馬場、展開と全てが恵まれていたのも否定出来ません。ただあの中で来春に逆転出来る可能性が有る馬は正直少ないと思います。今後は別路線組で何か面白い馬を見出せていければと思います。今週の朝日杯も先週と同じコースなので似た血統の馬(ダイワメジャー、ステイゴールド)を買うのが王道だとは思ってはいるのですが…。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】リオンディーズ 自信度★★★★☆

◎リオンディーズ
○ハレルヤボーイ
▲イモータル
△エアスピネル
△ショウナンライズ
△タイセイサミット
△ボールライトニング

 デイリー杯で圧倒的1番人気に推されたシュウジ(1.7倍)に完勝し、今度は自分が人気を背負うエアスピネル。当然強い馬でシュウジに完勝したから人気になっている訳だが、デイリー杯は必ずしもシュウジにとってベスト条件では無かったとも考えられる。シュウジを倒したから評価されており、今回は自分が圧倒的人気を背負う立場。ある程度の強さは認めるがまさかの展開も考えておく。
 個人的に今年見た新馬戦の中で1番優れたパフォーマンスだったリオンディーズ。エピファネイアの半弟で父キングカメハメハ×母シーザリオと血統的には申し分無いが、引っ掛かりながら最後の3Fを33.4秒でまとめて加速ラップを押し切ったレースぶりは圧巻の一言。負かした2着馬、3着馬も次走は楽勝で勝ち上がっている様に相手も強かった。敵はエアスピネルというよりも自分自身だろう。弱点は制御不能になった時だけと考えたい。相手で面白いのは3走前の中山マイル戦の内容が秀逸だったハレルヤボーイ。右回りだと馬が違う可能性が有る。イモータルも前走は進路が狭くなった中で力は示しており、当然ここでも。エアスピネルを無理に嫌う必要はどこにも無いが、母エアメサイアはシーザリオに1度も先着をしていない。父が同じ馬だけにここでも同じ結果になるかどうか勝負抜きでも興味深い。馬券は単勝と3連複軸1頭流しで勝負する。

【若駒推奨馬】

阪神3R 2歳未勝利(ダ1400m) ライジングスター 自信度★★☆☆☆

◎ライジングスター
○リヴァイバル
▲ルミノール
△ハギノベリーニ
△オールスマイル
△メイショウミラコロ
△レイクテカポ

 ライジングスターは父ネオユニヴァース×母父ブライアンズタイムの配合馬。ここまで超大物を輩出する訳でも無ければ、特筆触れるべき数字を残している訳でも無い配合だが、少ないサンプルの中で1番の活躍馬は交流重賞スパーキングレディーCを制したスティールパス。この配合は走る馬を出す確率は低いが、近年の傾向から間違いなくダート志向。京都の軽い芝で負けて当たり前、重い阪神のダートならば巻き返す。馬券は単複と馬連、ワイドで勝負する。

中山2R 2歳未勝利(ダ1800m) ニシノナナツボシ 自信度★★☆☆☆

◎ニシノナナツボシ
○ルミナリースピン
▲カムイ
△ウィーバービル
△ビレッジエンパイア
△ニシノファルコン
△サンアンダーソン
△グットドディユ

 上のライジングスターと同じ父ネオユニヴァース×母父ブライアンズタイムの配合馬。こちらの母は秋華賞3着、交流重賞エンプレス杯を制したニシノナースコール。東京の軽い芝で負けて、重い中山のダート替わり。ここでこそ気持ちで馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで組み立てる。

阪神1R 2歳未勝利(ダ1200m) マーブルフレンテ 自信度★☆☆☆☆

◎マーブルフレンテ
○アナフィエル
▲スーセントマリー
△サウンドガリア
△チェリーランウェイ
△ベージョ
△スパイチャクラ
☆エイシンヴィーヴォ
 
 前走は11着大敗も芝の短距離では2度の2着が有るマーブルフレンテ。母父スキャンでキンシャサノキセキのダート替わり。新馬戦以来のダートになるが、この血統と馬格ならばむしろダートの方が向いているはずでここは断然人気馬も怪しいのでちょうど良い買い時。馬券は単複を本線に馬連で流す。