18
August , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券【阪神C】【ホープフルS】【有馬記念】

2015年12月25日(金)02時30分更新
Pocket

阪神C(12月26日・阪神11R)

コース巧者テイエムの先行抜け出しに妙味

人気馬の多くが中団もしくは後方待機タイプだけに逃げるアクティブミノルの直後に付けるテイエムタイホーにチャンスが回って来た。全7勝のうち5勝を挙げている阪神巧者、休み明け叩き3走目の上昇を見込んでの本命◎。この距離に1分19秒0の持ちタイムがあるウリウリの差し脚に対抗○。ビッグアーサーは安定感断然も距離延長と相手強化の分▲まで。展開向けばダンスディレクターの決め手が侮れず特注★。あとは実績から台頭しても驚けない4頭、アクティブミノル、ダイワマッジョーレ、スマートオリオン、ダノンシャークに△。

◎テイエムタイホー

○ウリウリ

▲ビッグアーサー

★ダンスディレクター

△アクティブミノル

△ダイワマッジョーレ

△スマートオリオン

△ダノンシャーク

 

ホープフルS(12月27日・中山11R)

距離経験で一歩リード!バティスティーニ

先週はリオンディーズに驚かされたが、今週も来年のクラシック候補生が数頭出走する注目の一戦。本命◎は新馬・黄菊賞を連勝のバティスティーニ。初戦は逃げて後続を突き放し、2戦目は後方から楽に差しての3馬身半。ともに今回と同じ距離だけに信頼度も高い。○は9月の中山同舞台で強敵プロディガルサンとの接戦歴を持つプランスシャルマン。前走の特別勝ちも着差以上に強い内容だった。札幌2歳王者アドマイヤエイカンが京都2歳Sを叩いて一変の単穴▲。4か月ぶりで初距離となるロードクエストは特注★。新馬勝ちの内容に見どころあったハートレー以下△の食い込みにも一考。

◎バティスティーニ

○プランスシャルマン

▲アドマイヤエイカン

★ロードクエスト

△ハートレー

△ディーマジェスティ

△ブラックスピネル

△ブレイブスマッシュ

 

有馬記念(12月27日・中山10R)

オーラスはルメールマジック!

ショウナンパンドラ回避が暗示のようにも思える激走の反動。天皇賞、JCでしのぎを削った有力馬には少なくとも上がり目は望めない。菊花賞組優位と見て◎はリアファル。今年の菊花賞は中間の5Fが前半・後半のそれより4秒も遅い変則ラップ。それが勝ったキタサンブラックに幸いし③着に敗れたリアファルには災いした。嵌った感が強いキタサンは▲に止め、対抗○には上昇一途のゴールドアクター。目下の勢いと超抜の追切りから一発大駆けも十分。特注★は昨年⑦着ながら0秒2差と善戦したラストインパクト。再騎乗菱田にも期するものがあるはず。ゴールドシップ最後の航海にはただ無事を願うのみ。

 

◎リアファル

○ゴールドアクター

▲キタサンブラック

★ラストインパクト

△ラブリーデイ

△ルージュバック

△サウンズオブアース

△ヒットザターゲット