23
August , 2017
Wednesday


〝美の伝道師〟が語る本当の美とは・・・

2015年12月26日(土)12時00分更新
Pocket

愛染さんと大川総裁の対談をまとめた「美の伝道師の使命」

これまでに数多くの霊言を取り上げている幸福の科学が今年4月に本格私学「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」を開校。来年4月からは未来創造学部で芸能・クリエイターコースも開設され、本格的に芸能界へ進出を目指す。

それに先立ち、同コースのビジティング・プロフェッサーに就任する元キャビンアテンダント(以下CA)愛染美星女史と幸福の科学創始者・大川隆法総裁と対談をまとめた書籍『美の伝道師の使命』(幸福の科学出版)が発売され、話題を呼んでいる。

愛染さんは「超一流クラスは全般的に非常に謙虚で、静かで、(心が)美しい方が多い」と乗務員時代の体験談を披露し、「顔がキレイ=美ではない」事を強調。

さらに自らが〝美の伝道師〟になることについては「美的意識を生かした立ち振る舞いや言葉を念頭において、相手の心を開かせた段階で人間関係を構築していくことが大事」と言及している。

彼女は実際に芸能界での仕事はしていないが、CA時代に数多くの要人や有名人を見てきた実績は心強い。元オスカープロモーション宣伝部長の今井一郎氏は期待をこめてこう語る。

「タレントは基本、担当者がビジョンを持ってホップステップジャンプで育てる事。そのために“今やるべき事は何か”を考え、タレントの卵に伝えるのが重要です。魅力的な人間に仕上げていくのであれば、まず、その“美意識”を徹底的にタレントの卵たちに植え付ける。ここに特化してもらいたい」

愛染流に仕上がったタレントたちがメジャーデビューを果たす…一体、どんなタレントになるか楽しみだ。