12
December , 2017
Tuesday


G線上のホース シンザン記念 「今回はインで泣かずに叫びたい」

2016年1月9日(土)08時27分更新
Pocket

京都11R シンザン記念

今週は正月明け恒例の3日間開催の為、当欄も特別体制で10日(日)と11日(月)の予想を3鞍ずつ提供します。本日は10日(日)分ですのでご注意下さい。
中山金杯は例外なく有馬記念と同じ血統(ゴールドアクターの父父グラスワンダー)と同じ(母父グラスワンダー)の2頭がそのまま上位に来てくれました。色々な理論が有りますが、同じ的中でも納得出来る予想を提供して行ければと思います。そして明けの京都は相変わらずの内枠・インが有利な馬場状態。少しでも騎手が妥協すると結果に繋がらないのでその見極めには注意したいです。

※推奨馬の横に自信度を掲載しています。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ロジクライ 自信度★★☆☆☆

◎ロジクライ
○ピースマインド
▲レオナルド
△ラルク
△アストラエンブレム
△ジュエラー
△ツーエムレジェンド
☆ノーブルマーズ

 1回京都のAコースは内枠・インコースが有利。ただそれは騎手も理解しているで有ろうし、馬券を買う側も当然気にしているファクター。このレースでもディープインパクト産駒の2頭を買おうと意気込んでいたが、決して最良とは言えない枠。そして気になるのがそれぞれの鞍上。ピースマインドの藤岡康もラルクの武豊もここまでの2日間で京都芝のインを使い切れていない印象。馬の能力が違う可能性も有るがここは少し捻る。
 前走の千両賞でイン突きを狙ったが完全に失敗したロジクライ(4着)。人気急落の今回は3枠6番の絶好枠。2走前の京都マイル未勝利戦は内回りながら器用に立ち回っており、スムーズならば良い脚を長く使えるタイプ。シンザン記念が多頭数になるとは本当に珍しいが、これだけの頭数だとスローの瞬発力勝負ではなくハイペースの持久力戦になる可能性が高い。そして幸いにも近年の京都外回りマイルで強い(フィエロ、マイネルメリエンダ、マイネルラクリマなど)ダンチヒの血を持つのはこの馬のみ。鞍上の浜中もここ2日間で芝レース【1.3.0.3】と完全に今の芝の傾向を理解しており、シンザン記念はここ5年で3勝と文句の付け様が無い。リオンディーズの2着ピースマインド、新馬戦圧勝のラルク、ジュエラーは怪物級の可能性も秘めるが、はっきり言って一長一短。それらならばロジクライの1発に賭けたい。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで勝負する。

【若駒推奨馬】

中山9R 寒竹賞 タイセイサミット 自信度★★★★☆

◎タイセイサミット
○ノガロ
▲ステイパーシスト
△マヤノピナクル
△ネイビーブルー
△シュペルミエール
△リンクス

 知る人ぞ知る3歳馬タイセイサミット、この馬で悲しい思いをしているであろう同志が全国に数多くいらっしゃるだろう。前々走の東スポ杯2歳Sは直線で勝ち馬に前に入られ立て直す不利が有って6着。あの不利が無ければと思わせる競馬だったが、次走の朝日杯FSでは騎手の方がやらかしてしまった。前にふらつく馬がいたのは事実だが進路が完全に塞がってアウト。その後の伸びを見る限り外を回していれば、リオンディーズやエアスピネルには到底敵わなかっただろうが楽に3着は有った。2度の大きな不利が続くというのは馬の方にも少なからず原因は有るとは思うが、「たら」、「れば」を言うよりは信じた馬を買ってみるのが1番の解決方法だと思う。ただ本質的には距離が長くマイラー寄りか、半ば執念の推奨なのも認めよう。馬券は単複と馬連、馬単で勝負する。

中山3R 3歳未勝利(ダ1800m) ソーアメージング 自信度★★★☆☆

◎ソーアメージング
○ツクバキセキ
▲ダイリュウハヤテ
△イルフォーゴン
△リーガルオフィス
△ミュゼリバイアサン
△ホワイトルーク
☆エリモグレイス

 暮れの新馬戦(芝2000m)で3番人気に支持されたソーアメージングだったが勝負所でもギアが上がらず終始ワンペースな走りで8着。母ソーマジックは桜花賞3着馬ながら初勝利はダートでのものでその父はシンボリクリスエス。そして父ネオユニヴァースならば芝→ダート替わりが悪いはずが無く、ここは一変に期待する。馬券は単勝と馬連、馬単で仕留める。