12
December , 2017
Tuesday


第88回米アカデミー賞のノミネート発表!レオ様〝4度目の正直〟なるか

2016年1月15日(金)03時02分更新
Pocket

「レヴェナント:蘇えりし者」のレオ様(@revenantmovie/instagram)

「レヴェナント:蘇えりし者」のレオ様(@revenantmovie/instagram)

「第88回米アカデミー賞」の候補が15日、発表された。今回もまた主演男優賞にノミネートされたのは「レヴェナント:蘇えりし者」(日本では4月公開予定)のレオナルド・ディカプリオ(41)。これまで4回も逃してきたオスカーをついにゲットできるのか、注目が集まる。

 アカデミー賞の前哨戦といわれるゴールデングローブ賞(ハリウッド外国人映画記者協会主催)の授賞式は10日に開催され、ディカプリオは「レヴェナント――」で見事、主演男優賞(ドラマ部門)に輝いた。だが、過去には「アビエイター」(2004年)と「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(14年)で同賞の主演男優賞を獲得したにもかかわらず、アカデミー賞では取りこぼしてきた。

 今回の作品は、作家マイケル・パンクの小説を原作に、米国の西部開拓時代を生きた実在の猟師ヒュー・グラスが体験した過酷なサバイバルの旅を描いている。同作品はまた、ディカプリオの主演男優賞や作品賞を含め、最多12部門にノミネートされている。

 ディカプリオのライバルとなるのは、アンディ・ウィアーの小説「火星の人」(原題)を原作にしたSF映画「オデッセイ」(来月5日公開)のマット・デイモン(45)。また、昨年の受賞者で「リリーのすべて」(3月18日公開)のエディ・レッドメイン(34)も強敵になりそうだ。

 一方、主演女優賞には、ゴールデングローブ賞でも主演女優賞(ドラマ部門)を手にしたブリー・ラーソン(26)が最有力だ。ブリーは「ルーム」(日本公開未定)で、屋敷の一室で監禁され、閉鎖された空間で息子と2人だけで生き抜く母親役を演じた。

 他には、25歳にしてすでにアカデミー賞主演女優賞や、ゴールデングローブ賞を3度も受賞しているジェニファー・ローレンスが「ジョイ」でノミネート。ケイト・ブランシェット(46)、シャーロット・ランプリング(69)といったベテランも候補になっている。

 作品賞には「レヴェナント」の他、「オデッセイ」「ルーム」などがノミネートされている。

 授賞式は来月28日、ロサンゼルスで行われる。