12
December , 2017
Tuesday


◎血統予想 【中山11R・京成杯】【京都11R・日経新春杯】【中山10R・ジャニュアリーS】

2016年1月16日(土)11時50分更新
Pocket

【中山11R・京成杯】

初戦、2戦目と2着続きだったが、前走では2着馬に4馬身差の圧勝でモノの違いを見せつけたウムブルフ。今回も同じ舞台だけに期待は高まる。GⅠ6勝のブエナビスタや日本ダービーのエイシンフラッシュを輩出したことで、近年は注目を浴びるドイツ牝系。ウムブルフの母の父は独年度代表馬にして、独リーディングサイアーに3度輝いたモンズーン。祖母の全兄には独GⅠを4勝し、ジャパンCにも出走したウンガロがいる。重厚なドイツ牝系でありながらもディープの成功パターンであるリファールのクロス(4×4)を押さえているあたりは心憎い。

◎ウムブルフ
○メートルダール
▲マイネルラフレシア
△プランスシャルマン
△アドマイヤモラール
△ユウチェンジ

【京都11R・日経新春杯】

◎シュヴァルグラン
○サトノノブレス
▲プロモントーリオ
△レーヴミストラル
△アドマイヤフライト
△ベルーフ

【中山10R・ジャニュアリーステークス】

◎ブルドッグボス
○マキャヴィティ
▲アンズチャン
△トキノゲンジ
△ミリオンヴォルツ