11
December , 2017
Monday


先週がんで夫を失った歌姫セリーヌ・ディオン 2日後に同じ病気で兄他界

2016年1月19日(火)02時50分更新
Pocket

不幸を乗り越え歌い続けるセリーヌ(@celinedion/instagram)

不幸を乗り越え歌い続けるセリーヌ(@celinedion/instagram)

 14日にがんで最愛の夫を失ったばかりのポップ界の大御所セリーヌ・ディオン(47)に不幸が続いている。兄のダニエル氏(59)がわずか2日後の16日、同じがんでこの世を去ったのだ。

 夫レネ・アンジェリル氏は喉頭がんで2年以上の闘病の末、セリーヌや家族に見守られ、73歳で息を引き取った。葬儀は22日、2人の祖国カナダ・モントリオールにある、21年前に挙式した教会で執り行われる

 兄のダニエル氏も数年間、喉頭がんと、転移がんとの闘病を繰り返してきた。セリーヌはダニエルさんを含め、14人兄弟。兄弟みな仲の良い大家族として知られている。

 一方、ラスベガスで長期公演中のセリーヌは、先週末の公演を休んだものの、次回2月23日から復帰する。これとは別に、来月3日には夫の追悼のための特別公演を予定している。家族2人を一度に失うという悲壮な思いを乗り越え、亡くなった夫の希望通り、セリーヌはステージに立ち続ける。