26
March , 2017
Sunday


海外メディアも速報!「スマxスマ」に生出演SMAPの解散否定と謝罪

2016年1月19日(火)05時27分更新

「公開処刑」と報じた20日付東京スポーツの1面

「公開処刑」と報じた20日付東京スポーツの1面

 18日夜、「SMAPxSMAP」(フジテレビ系)に急きょ生出演したSMAPについて、海外の大手メディアもこれまでの経緯などについて速報し、詳しく報じた。

 米ABC(電子版)はSMAPを「長きに渡って国民的人気を誇るポップグループ」と表現。メンバーは同日、日本やアジアのファンに衝撃を与えた“解散”の噂を払拭したと伝えた。

 記事はまた、解散説はジャニーズ事務所とSMAPのマネジャーとの確執に端を発したと説明している。

 英BBC(電子版)は「日本のポップグループSMAPが解散を否定」という見出しで、同番組に出演した5人の様子を伝えた。

 その中で、「これから自分たちは何があっても、ただ前を見て進みたいと思います」という木村拓哉の発言を紹介。解散回避で多くのファンが安堵したとする一方、インターネット上では公衆の場で謝罪させたとして事務所側を非難する声もあったと報じた。

 米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)はSMAPのメンバーがテレビ番組に生出演し、解散騒動について謝罪したとする記事を掲載。だが、メンバーの誰も具体的な背景については何も語らなかったとしている。