11
December , 2017
Monday


ちょいワル火遊び馬券【根岸S】【シルクロードS】

2016年1月29日(金)02時45分更新
Pocket

根岸S(1月31日・東京11R)

主力4頭も連軸はタガノトネール

タガノトネールは南部杯で逃げてベストウォーリアの②着、前走の武蔵野Sでも番手から抜け出しゴール寸前ノンコノユメに交されたが②着死守。この馬にとっては微妙に長いマイル戦での好戦は目下の充実ぶりを窺わせるものだ。最適距離に替わる今回は末の粘りも増すはずで連軸期待の◎。4連勝の勢いで挑んだ武蔵野Sは初めて揉まれる競馬を強いられながら③着を確保したモーニンが○。この舞台で1分21秒9の持ち時計があるタールタンに▲。前走でこれに鋭く迫ったサクラエールに★。主力4頭だが、展開次第で△の台頭も一考。

◎タガノトネール

○モーニン

▲タールタン

★サクラエール

△レーザーバレット

△アンズチャン

△マルカフリート

△プロトコル

 

シルクロードS(1月31日・京都11R)

必勝態勢ビッグアーサー◎

惜しい惜しいが続くうちに高松宮杯への出走権が危うくなってきたビッグアーサー。ここは鞍上強化で必勝態勢だ。もとより京都1200mは1分6秒7の大楽勝がある舞台。位置さえ取ればきっちりと差し切れるとみて◎。安定感抜群のネロは番手からの抜け出しで2連勝中。◎の仕掛け次第では先行の利を生かして逆転までもある○。ダンスディレクターは内回り克服が課題だが差し脚はメンバー屈指で文字通りの▲。ペースが緩むようなら逃げるローレルベローチェの前残りに★。逆に上りが掛かる展開ならアースソニックの決め手が侮れず自在脚サトノルパンともども押さえの△。

◎ビッグアーサー

○ネロ

▲ダンスディレクター

★ローレルベローチェ

△アースソニック

△サトノルパン