21
November , 2017
Tuesday


◎血統予想 【東京11R・根岸ステークスS】【京都11R・シルクロードS】【東京10R・節分S】

2016年1月30日(土)01時16分更新
Pocket

【東京11R・根岸ステークス】

武蔵野Sで3着敗れ無敗での連勝記録は「4」でストップしたモーニンだが、重賞初挑戦で0秒3差なら上出来ともいえる。調教での動きはさらに迫力を増しており、改めての重賞初制覇を狙う。父ヘニーヒューズはストームキャット系ヘネシー直子のスプリンター。GⅠヴォスバーグSなどダ6F~7Fの米重賞を4つ勝っている。母系にコジーンが入るのは朝日杯FSを制したアジアエクスプレスと共通するが、モーニンは母がミスタープロスペクター3×4のクロスを持つだけに、さらに短距離志向だろう。それだけに前走からの1Fの距離短縮もプラス材料だ。

◎モーニン
○タガノトネール
▲プロトコル
△アンズチャン
△サクラエール
△レーザーバレット

【京都11R・シルクロードステークス】

◎ビッグアーサー
○サトノルパン
▲アースソニック
△ダンスディレクター
△ローレルベローチェ
△ネロ

【東京10R・節分ステークス】

◎オコレマルーナ
○ピオネロ
▲マジックタイム
△ロジチャリス
△マイネルメリエンダ
△キングカラカウア