12
December , 2017
Tuesday


【米当局】歌手リアーナにオナニー動画送りつけた変態ストーカー男を拘束

2016年2月1日(月)03時18分更新
Pocket

ニューアルバム「アンチ」をリリースしたばかりのリアーナだったが…(@badgalriri/instagram)

ニューアルバム「アンチ」をリリースしたばかりのリアーナだったが…(@badgalriri/instagram)

 先週、ニューアルバム「アンチ」をリリースしたばかりの人気歌手リアーナ(27)にストーカー行為を繰り返したとして男が拘束された。男はリアーナをつけまわし、脅迫文を送ったり、揚げ句の果ては自分の自慰行為動画をリアーナのツイッターに投稿したりしていた。米芸能サイト「TMZ」が報じた。

 調べによると、男は昨年4月から6月にかけ、「さっきリアーナを殺してしまえばよかった」「銃を使う。ちょうど銃の免許を取るところ」などとのツイートをリアーナのアカウントに投稿。、ロサンゼルスにあるリアーナの元住居前で自撮りし、「キミの家の前だよ」とコメントを付けた画像を送ったりしていた。

 また、自分のオナニーを撮影した15秒の動画も投稿。身の危険を感じたリアーナは被害届を出していた。

 TMZによると、当局は男の身柄を拘束し、精神鑑定のため医療機関に強制入院させ、現在も精神病棟での拘留が続いている

 リアーナへのストーカーらによる被害は今回が初めてではない。2013年にはロスの自宅に2件の不法侵入事件の被害に遭い、翌年には脅迫状を送り続けた男が逮捕された。また、09年には当時の恋人で米歌手のクリス・ブラウン(26)から殴る蹴るの暴行を受けた。クリスは傷害容疑で逮捕・起訴され、有罪判決を受けている。