11
December , 2017
Monday


G線上のホース きさらぎ賞 「見るなら買わねば」

2016年2月6日(土)08時00分更新
Pocket

京都11R きさらぎ賞

正直、買いたい馬がそれほどまでいない週が有ります(今週がそうです)。傾向が読めている時はあれもこれも買いたい状態になるので、買いたい馬が少ないというのは裏を返せば「傾向が読めていない」とも言えるでしょう。競馬予想は仮説を立てることから始まります。勿論、結果を分析することから得られることも有るでしょうが、予想をしないとその仮説を検証することが出来ません。だから例え少額でも馬券は買い続けるべきだと思います。格好を付けましたが、要するにイマイチ傾向を掴めていません。ただ1番良いのは傾向にも左右されない位の馬を買うことだとも思っていますので、長い目で見守って頂ければ幸いです。


※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。

★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ウルトラバロック 自信度★☆☆☆☆

◎ウルトラバロック
○サトノダイヤモンド
▲ロイカバード
△ノガロ

 サトノダイヤモンドvsロイカバードの「5億円対決」で世間的にも注目を集めるレース。どちらが強いのかを純粋に楽しむのも悪くないが、馬券を買う側にとっては楽しみつつ儲けたいのが本音。。京都芝1800mはディープインパクト産駒の庭のイメージが有るが、年明けから先週までの計6鞍で9頭出走し【0.0.1.8】と連対すら無い状況。逆に【1.1.0.1】と抜群の相性を見せているのがヴィクトワールピサ産駒。その父ネオユニヴァース産駒も【1.0.0.2】と悪くない成績でそもそもネオユニヴァース自身がこのレースを制している。
 唯一のヴィクトワールピサ産駒ウルトラバロックを推奨する。中京の新馬戦は追い出しの時に少しフラついており、勝つには勝ったがしっかり追えたのは最後の1Fだけ。土曜日の京都は内枠先行馬が残るレースが散見されており、この馬にも圏内に絡めるチャンスは有るはず。07年秋華賞ダイワスカーレットとウオッカの間で2着に割って入ったのが半姉のレインダンス。ここも可能性は低いが血統的な魅力も有るので、観戦料だと思って推奨。サトノダイヤモンド、ロイカバードはこれからも対決し続けるはずでこの時期に優劣を競い合うよりもGIの舞台でしっかり取捨選択したい。馬券は◎○▲の3連複1点と3連単ボックスで勝ってみる。

東京11R 東京新聞杯

【推奨馬】ダノンプラチナ 自信度★★☆☆☆

◎ダノンプラチナ
○ダイワリベラル
▲ルルーシュ
△グランシルク
△エキストラエンド
△トーセンスターダム
△ダッシングブレイズ
☆タガノブルグ
☆アルマワイオリ
 
 前走の香港マイルは直線で行く所行く所が壁になり何も出来ず7着に終わったダノンプラチナ。結果的に騎手の差が出た格好になったが、東京マイルは3戦3勝。出遅れや海外遠征帰り、先行有利のDコースとマイナス材料も有るが大崩れは考えにくい。幸いにも3連勝中のダッシングブレイズ(東京マイル2戦2勝)がいるので圧倒的人気は避けられそうで馬券はこの馬から。
 相手には一工夫を。 東京は良績が無いもののの、マイルに変わって2連勝中のダイワリベラルは内を走れる先行型で今の馬場は間違いなく合う。久々の前走は6.6秒と大敗したルルーシュは土曜の10Rと12Rでワンツーを決めたゼンノロブロイ産駒。どこまで復調出来るか分からないが▲に抜擢してみる。ダッシングブレイズはキトゥンズジョイ産駒という不安が拭い切れない。サドラーズウェルズ直系で自身もアメリカの芝で活躍していたが、重賞となると血統の壁が有る様に思える。馬券は馬連、馬単、3連複軸1頭流しで組み立てる。

【若駒推奨馬】

東京9R 春菜賞 シーブリーズラブ 自信度★★☆☆☆

◎シーブリーズラブ
○メンデンホール
▲リリカルホワイト
△カトルラポール
△ポートレイト
△ワンブレスアウェイ
△フジマサアクトレス
△ダイワダッチェス

 昨年の同レース1、3着は短縮馬。2014年の1、3着も短縮馬、2013年の1、3着も短縮馬。中山芝1600mのフェアリーS・菜の花賞からの転戦馬を狙ってみたい。その中でもフェアリーSの直線で致命的な不利を受けたシーブリーズラブを見直す。ダート指向のカジノドライヴ産駒ながら2番人気に支持されていたが、それだけ近2走の内容が良かった。結果的には15着だがスローペースで出負けした上に直線で全く競馬が出来なかったのでノーカウント。どこまで人気になるかは分からないが、相手にも短縮組に絞って好配当を狙ってみる。馬券は馬単と3連複で組み立てる。

東京2R 3歳未勝利(ダ2100m) クラウンマグマ 自信度★★★☆☆

◎クラウンマグマ
○ディゼトワール
▲サラセニア
△ウィーバービル
△マイネルトゥラン
△エーデルメイシュ
△マイガーディアン
☆ホワイトルーク

 母アガルタは未出走だが母母は現役時代に怒濤の追い込みで湧かせたダート13勝のブロードアピール。クラウンマグマの新馬戦は出遅れて後方からの競馬になったが直線だけ追い込んで5着。加速していく4コーナーを上手に曲がれず膨らみながらの結果ならば胸を張って良い。直線が長くなる東京でしかも距離延長。この条件替わりは同馬にとっては間違いなくプラスに働くはずで祖母顔負けの追い込みに期待する。馬券は単複と馬連で勝負。