11
December , 2017
Monday


米プロフットボール「スーパーボウル」レディー・ガガの国歌独唱が大絶賛

2016年2月8日(月)03時29分更新
Pocket

ガガの国歌独唱は2:15あたりから

 米プロフットボール、NFL王者を決めるスーパーボウルは7日夕(日本時間8日午前)、カリフォルニア州サンタクララでパンサーズとブロンコスが対戦し、24対10でブロンコスが17年ぶり3度目の優勝を果たした。今年のスーパーボウルは、試合内容もさることながら、キックオフ前に国歌を独唱したレディー・ガガ(29)のパフォーマンスが、視聴者から「すばらしい!」「かっこよすぎる」と大絶賛されている。

 金髪の髪をオールバックにし、メタリックな赤のパンツスーツに赤のアイシャドー、爪は青く塗り、星条旗の色に合わせたいでたちで登場。大幅なアレンジ無しに、かなり忠実にメロディーで国歌を歌い上げた。

 動画投稿サイトでは「スーパーボウル史上最高の国歌独唱だ」「ガガがあんな風に歌えるとは思わなかった」など賞賛であふれている。

 一方、恒例のハーフタイムショーには米歌姫ビヨンセや米歌手ブルーノ・マーズ、英人気ロックバンド、コールドプレイが共演し、スタジアムは大盛り上がり。スタンド席のガガもノリノリで、音楽に合わて踊る姿をツイッターで公開した。