21
November , 2017
Tuesday


カニエ・ウェスト今度はフェイスブックのザッカーバーグ氏に1千億円くれ

2016年2月16日(火)04時40分更新
Pocket

自分を「史上最高のアーティスト」と豪語するカニエ(@privatekanye/instagram)

自分を「史上最高のアーティスト」と豪語するカニエ(@privatekanye/instagram)

 “60億円の借金”を告白した米ヒップホップアーティストのカニエ・ウェスト(38)が、今度はフェイスブックの創業者で若き大富豪のマーク・ザッカーバーグ氏(31)に「10億ドル(約1145億円)くれよ」とツイッターで要求。おまけにグーグルの共同創業者ラリー・ペイジ氏(42)にまで無心する始末。ネット上では「カニエはどうしちゃったの?」という声であふれている。

 カニエはザッカーバーグ氏と面識があるものの、友人というほど親しい関係ではない。にもかかわらず14日、「オレのアイディアに10億ドル投資してくれないか」とツイート。自分は“史上最高のアーティスト”だと売り込み「マーク・ザッカーバーグ、君の誕生日だってことは分かっている。だけど、明日までに俺に電話してくれないか?」と連続ツイートした。ただ、ザッカーバーグ氏の誕生日は5月14日。明らかに何か勘違いしているようだ。

 また、自身のツイッターの2000万人近いフォロワーに向け「(ザッカーバーグ氏が)俺を助けてくれるようツイッター、フェイスタイム、フェイスブック、インスタグラム、なんでもいいから投稿してくれ」と協力を呼びかけた。

 一方、ペイジ氏には「アフリカに学校を1つ建てるよりオレに投資したほうが世の中のためになる」と、大胆なメッセージを送り、資金援助を求めた。

 また、15日のグラミー賞授賞式を前にカニエは「死ぬまでにグラミー賞を100個取る」と豪語した。実際、カニエは2004年のデビュー以来、21個のグラミー賞を受賞。全米トップクラスのアーティストとして実績があることも事実だ。