12
December , 2017
Tuesday


米人気ラッパー、リル・ウェインがグラミー賞授賞式後に向かった先は…

2016年2月17日(水)03時01分更新
Pocket

 15日に米国・ロサンゼルスで開かれた世界最高峰の音楽賞「第58回グラミー賞授賞式」の後、出席したアーティストたちは、それぞれのアフターパーティーに向かったが、人気ラッパー、リル・ウェイン(33)が出向いた先は、お気に入りダンサーのいるストリップクラブ。そこでの太っ腹ぶりが話題になっている。

 米芸能サイト「TMZ」によると、授賞式でスペシャルパフォーマンスを披露したリルが訪れたのは、ロスに隣接するウェスト・ハリウッドにある「エース・オブ・ダイヤモンズ」というストリップクラブ。お目当ては“ノーフォーリン”というステージ名の女性だった。

 実はリル、自身のインスタグラムに ノーフォーリンの写真をアップするほどの熱の入れようなのだ。

 クラブに到着したリルは、さっそくノーフォーリンを呼んでおしゃべり。そのノーフォーリンがステージに上がり、ポールダンスを始めると、リルはブロックのような分厚い札束(おそらく10ドル札100枚の束12個)を取り出し、ドサッとステージに投げ入れたのだ。つまり1万2000ドル(約136万円)分のチップだ。

 この日の授賞式でのリルのギャラは推定6万ドル(約680万円)。その2割をノーフォーリンへのチップとして奮発したというわけだ。

リルがインスタグラムにアップしてノーフォーリンの写真(@liltunechi/instagram)

リルがインスタグラムにアップしてノーフォーリンの写真(@liltunechi/instagram)