11
December , 2017
Monday


◎血統予想 【東京11R・フェブラリーS】【小倉11R・小倉大賞典】【東京10R・アメジストS】

2016年2月20日(土)11時46分更新
Pocket

【東京11R・フェブラリーステークス】

ノンコノユメが5戦4勝と得意の東京コースでグルメフロンティア以来、18年ぶりに関東馬に栄冠をもたらす。昨年24歳で急死したフォーティナイナー系トワイニングにとっては初めて送り出したGⅠウイナー。母の父アグネスタキオンは同期の宿敵クロスクリーガーを出したアドマイヤオーラの父にして、全日本2歳優駿を制したサウンドスカイを出したディープスカイの父でもある。サンデー系のダート血脈として注目を集めている。さらに祖母の父クリミナルタイプはサンデーサイレンスを負かして、米年度代表馬にもなった名馬だ。

◎ノンコノユメ
○ロワジャルダン
▲モーニン
△ホワイトフーガ
△コパノリッキー
△ベストウォーリア

【小倉11R・小倉大賞典】

◎マイネルフロスト
○ハピネスダンサー
▲コスモソーンパーク
△ダコール
△ネオリアリズム
△ベルーフ

【東京10R・アメジストステークス】

◎ロジメジャー
○ツクバアズマオー
▲ブラックバゴ
△アングライフェン
△マルターズアポジー
△ミエノワンダー