11
December , 2017
Monday


【英国】警察が〝保護〟した「道路脇でけがをしたカワウソ」の正体とは…

2016年2月24日(水)02時15分更新
Pocket

「道路脇でけがをしていた」カワウソのオリー

「道路脇でけがをしていた」カワウソのオリー

 英国中部ニューポートで先週、「道路脇にけがをしたカワウソがいる」との通報を受けた警察が現場に急行。その“動物”を発見したが、生き物ではなかった。警察官が「なぁ~んだ、ぬいぐるみか」と思って手に取ると、ぬいぐるみどころか、コートの襟から取れた、ただのフェイクファーというオチだった。

 ニューポート警察の地域安全課はこの“事件”をツイート。持ち帰ったフェイクファーを「カワウソのオリー」と名づけ、パトカーに乗せたり、ノートパソコンをのぞき込むような格好をさせて写真を撮り、同署のツイッターに掲載。「オリー」はさっそく市民の間で人気者になっている。