20
October , 2017
Friday


女優・内藤理沙 上半期ドラマに引っぱりだこ

2016年3月10日(木)05時00分更新
Pocket

女優として輝きを見せる内藤

ドラマ「ダメな私に恋してください」で好演を見せ、4月の日本テレビ系新ドラマ「ドクターカー」への出演が決定している内藤理沙に注目が集まっている。

内藤は2002年の「第8回全国国民的美少女コンテスト」での本戦大会出場をきっかけに芸能界入り。12年に放送の「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」(フジテレビ系)で女優デビューを果たした。

しかし「人前に出るのが苦手で、演技は苦しさしかありませんでした」と語るように、手探りの日々が続く。変化が訪れたのは14年のテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」のときだ。

「監督に『やる気があるのか!』と怒られて、それで吹っ切れました。『全てを出し切る。出し過ぎるくらいが丁度いい』。このことに気付き、女優業にハマりました」

監督の雷によって〝覚醒〟のきっかけをつかんだ内藤。今ではドラマの世界で引っ張りだこの存在になっている。今年一気にブレークするのは間違いない。


◇内藤は自分の殻を破り、たくましく生きた結果、女優として急成長。「たくましく生きる」ということは意志の強さが問われる。

ベストセラー「ストロング・マインド」(幸福の科学出版)にも失敗を恐れず挑戦した者には明るい未来があると記されている。内藤の未来もまぶしいくらいに明るいはずだ。