21
October , 2017
Saturday


G線上のホース 特別編 3重賞掲載 「あのレースを忘れるな」

2016年3月19日(土)07時30分更新
Pocket

【3月20日(日)】中山11R スプリングS

今週は変則3日間開催の為、当欄「G線上のホース」も特別体制でお送りします。当欄では20日(日)と21日(月)の2日で行われる3重賞を掲載します。今週は3重賞のみで【若駒推奨馬】コーナーはございませんのでご了承下さい。日曜の東西重賞は本番を占う意味でも重要なのですが、頭数が少なく馬券で儲けるには難しいレース。月曜のフラワーCは2勝馬が2頭のみの混戦模様。少しでもお役に立てれば幸いです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ハレルヤボーイ 自信度★★☆☆☆

◎ハレルヤボーイ
○ロードクエスト
▲マウントロブソン
△ドレッドノータス
△ミッキーロケット
△マイネルハニー

 土曜日のファルコンSが終わっても、今年の3歳牡馬路線では重賞2勝馬がいない大混戦模様。ロードクエスト、ドレッドノータスの2頭が中心だが、皐月賞へ向けての叩き台で絶対の存在では無いと考える。
 推奨するのは5走前の中山での未勝利戦が忘れられないハレルヤボーイ。相手が弱かったのは百も承知、それでも度肝を抜く勝ちっぷりで5馬身差の圧勝。それが後方から追い込んでの結果だから恐れ入る。当日の古馬500万下と比べても、レースタイムは0.3秒差の1.34.4で自身の上がり3F34.3秒はその古作特別の勝ち馬パワースラッガーと比べても0.1秒の差しかない。今の差しの決まる中山開催で脚を溜めるあの競馬をすればこの相手関係でも十分通用する。あの時以来の中山なのでここは絶対に買い。本番はどうこうよりも、この条件は最適で一気のブチ抜きに期待する。相手は実績馬と近走好走馬をシンプルに並べ、馬券は単複と馬連、馬単で勝負する。

【3月20日(日)】阪神11R 阪神大賞典

【推奨馬】カレンミロティック 自信度★★☆☆☆

◎カレンミロティック
○シュヴァルグラン
▲トーホウジャッカル
△タンタアレグリア
△アドマイヤデウス
 
 昨年の有馬記念は一昨年の菊花賞2、3着馬(サウンドオブアース、ゴールドアクター)によるワンツー。本音を言えばその菊花賞勝ち馬トーホウジャッカルには堂々の主役になって欲しい。それでも脚部不安で本来の走りが見られない現状。ここでは無理に推奨はせず別馬から勝負したい。
 当欄でも推奨し、天皇賞(春)で10番人気3着に激走したカレンミロティック。昨年のこのレースが酷かったおかげで本番の天皇賞では人気を落として出走していた経緯が有る。その昨年は直線で最内を突いたが前にいた馬の脚が無くなり、完全に塞がれて追い出しが数秒遅れる不利。これと似た事象が今年のシンザン記念勝ち馬ロジクライの万両賞。鞍上は2レース共に秋山で今回も秋山…。さすがに何度も何度も同じ過ちは犯さないだろう。2走前の天皇賞(13着)は乗り替わりも有ったし、前走のジャパンC(15着)は強力メンバーで東京2400mを逃げ切るのは容易では無かった。この馬の本質はステイヤー。この距離で積極的な競馬を心掛ければ巻き返せる。相手にはシュヴァルグランを本線に。ここの内容と結果次第では天皇賞の主役に躍り出る可能性も。トーホウジャッカルは様子見としておく。馬券は◎○の馬連、ワイド、3連複は◎○からの2頭軸流し、3連単フォーメーション◎○→◎○→印各馬で組み立てる。

【3月21日(月)】中山11R フラワーC

【推奨馬】ルフォール 自信度★★☆☆☆

◎ルフォール
○ラブリーアモン
▲エンジェルフェイス
△ゲッカコウ
△フェイズベロシティ
△ヴィブロス
△アオイプリンセス
 
 メジャーエンブレムの前走クイーンCはケチの付け様が無い完勝。そこは認めるが、この日の馬場は少々特殊だったことに触れておく。まずとにかく芝の時計が速く、クイーンCの1.32.5は勝ち馬のパフォーマンスが占める割合も大きいが、当日の9R調布特別(芝1800m)でさえ1.45.5と考えにくい時計。直線で追い風の影響が多少なりとも有ったはずで、先行馬・内枠にも大きなアドバンテージが有った。
 推奨するのはクイーンCで負けた2頭、ルフォールとラブリーアモン。大外枠で最後方から競馬を進めたルフォールは8着、外枠で直線でも大外から差す形になったラブリーアモンは4着だった。クイーンCの2、3着馬が馬番2、3番だった事を考えると、どういうレースだったかは想像出来るだろう。今の中山は差し・追い込み馬でも十分届く馬場。力を発揮出来なかった2頭にとって、今回は大きく好転するはずでここは買い時。半兄が京成杯勝ちのルフォールを一応◎としたが、気持ちとしては○ラブリーアモンも同等の評価。人気が低い方から買っても良いかもしれない。馬券は◎の単複と馬連流し、◎○のワイドと3連複も◎○の2頭軸で流してみる。