20
October , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券【日経賞】【毎日杯】【高松宮記念】【マーチS】

2016年3月25日(金)02時30分更新
Pocket

 

日経賞(3月26日・中山11R)

勢い天井知らず!ゴールドアクター◎

小頭数だが昨年の有馬記念の①②④⑪着馬が顔を揃えた好メンバー。⑪着だったアルバートにしてもステイヤーズS圧勝から中2週での挑戦で0秒6差、着順ほどの大敗ではなく春の天皇賞を占う意味でも注目の一戦。◎はゴールドアクター。好調期が長いスクリーンヒーロー産駒らしく菊花賞③着以降は有馬記念まで4連勝。鉄砲も効くタイプで本番に向けてグランプリ馬の貫録を示したいところだ。アルバートが○。堀厩舎×ルメールの絶好調コンビで逆転Vも十分。サウンズオプアースは力量五分も勝ち味が遅く三番手評価の▲。マリアライト、ディサイファ、ホッコーブレーヴを押さえに。

◎ゴールドアクター

○アルバート

▲サウンズオプアース

△マリアライト

△ディサイファ

△ホッコーブレーヴ

 

毎日杯(3月26日・阪神11R)

メンバーに恵まれたスマートオーディン◎

本命◎は東スポ杯2歳Sの覇者スマートオーディン。今回は何よりメンバーが軽い。共同通信杯は案外だったが前走比12k増とやや渋った馬場が応えた印象。良馬場なら上り32秒台の切れ味がモノを言う。新馬戦を逃げて楽勝のロワアブソリューは前走アーリントンCで出遅れながら上り最速の脚を繰り出しハナ差③着。流れに乗りさえすれば◎に迫れる対抗○。堅実なタイセイサミットが三番手評価の▲。アーリントンCでタイム差なしの⑤着に惜敗したアーバンキッドの巻き返しに特注★。ディープエクシード、キャノンストームも③着争いなら。

◎スマートオーディン

○ロワアブソリュー

▲タイセイサミット

★アーバンキッド

△ディープエクシード

△キャノンストーム

 

高松宮記念(3月27日・中京11R)

Hペース必至で差し馬の出番!

ハクサンムーン、ローレルベローチェの逃げ争いにミッキーアイルが加わればハイペース必至。末脚勝負の馬に展開が向きそうだ。本命◎はビッグアーサー。使い詰めでやや停滞気味だったが、間隔を取った今回はリフレッシュ効果が期待できる。最終追切りの動きも抜群だった。対抗○にアルビアーノ。大外枠を引いた上に直線でも接触の不利がありながら、上り最速の脚で⑤着まで押し上げた前走オーシャンSはこの馬のスプリント能力の高さを証明したもの。ルメールの連続騎乗も心強い。単穴▲は昨年の③着馬ミッキーアイル。前へ行って残るとすればこの馬だろう。中京の現在の馬場が味方しそうなスノードラゴンに特注★。以下△印を押さえる。

◎ビッグアーサー

○アルビアーノ

▲ミッキーアイル

★スノードラゴン

△ウリウリ

△ハクサンムーン

△エイシンブルズアイ

△ウキヨノカゼ

 

マーチS(3月27日・中山11R)

破竹の勢いを買ってバスタータイフ◎

新興勢力バスタータイプの重賞初制覇に期待の◎。現在中山ダート1800m戦を3連勝中。クラスが上がるごとに時計を詰めており、まさに充実一途、破竹の4連勝でダート中距離界の主役候補に名乗りを挙げる。○はサンマルデューク。人気薄で後方一気を決めた暮れと正月の2戦はややフロックの感もあったが、前走総武Sは58kを背負って5番人気での③着。ここにきての地力強化を明らかだ。蛯名得意の3角捲りが嵌れば三たび連上も。前走で◎にクビ差まで迫ったイッシンドウタイに▲、一昨年の③着馬ドコフクカゼは久々を叩いての2戦目で変わり身を見込んでの★。以下△印が押さえ。

◎バスタータイプ

○サンマルデューク

▲イッシンドウタイ

★ドコフクカゼ

△クリノスターオー

△ソロル

△トウショウフリーク

△マイネルバウンス