14
December , 2017
Thursday


ハリウッド若手人気女優がテイラー・スウィフトの〝仲良し軍団入り〟拒否

2016年3月26日(土)09時00分更新
Pocket

若手なのにしっかり自分の考えを持つクロエ(@chloegmoretz/instagram)

若手なのにしっかり自分の考えを持つクロエ(@chloegmoretz/instagram)

 米歌手テイラー・スウィフト(26)の公演で今や恒例となっているのが、サプライズゲストとしてハリウッド女優や人気歌手らをステージに登場させること。一度招かれるとテイラーのSNSに仲良し写真が掲載され、“軍団入り認定”されるのだ。ところが、あるブレーク中の人気女優が、そんな誘いを断っていたことが今週、分かった。

 米芸能メディアによると、テイラーから勧誘を受けたのは、ハリウッドの新星女優クロエ・グレース・モレッツ(19)だ。13歳で主演したスーパーヒーロー映画「キック・アス」で一躍注目を集め、米誌タイムによる「2014年の最も影響力のある25人のティーン」にも選ばれた。最近では米セレブタレントのキム・カーダシアン(35)がインスタグラムに全裸写真を公開した際、「カラダ以外に大切なものがたくさんあることを、若い女性たちに教えることがどれだけ大切か気づいてほしい」とキムを批判し、多くの若者ちから賞賛を浴びた。

 そんなクロエは、米カルチャー誌「コンプレックス」との最新インタビューで「テイラーに『私のグループに入らない?』って誘われたことある?」と聞かれると「イエス」と返答。「テイラーはとても才能のある人」と敬意を表した上で「彼女たちは排他的な仲良しグループ。あれは派閥でしょ」と批判的な見方をし、“軍団入り”拒否を示唆した。

 テイラーが次々と自分の“女性軍団”に人気セレブたちを勧誘し、ハリウッドで勢力を拡大する中、クロエのように、テイラーとはっきり距離を置くハリウッドスターたちもいる。人気歌手で女優のマイリー・サイラス(23)もその一人だ。「私は群れるのが嫌い」と公然と言い放つ。

 距離を置くどころか、“天敵”として知られるのはテイラーと人気を二分する歌手ケイティ・ペリー(31)。テイラーのヒット曲「バッド・ブラッド」で個人攻撃されたケイティは、新曲できっちり反撃すると誓っている。

 一方、テイラー軍団やカーダシアン一族を敵に回した格好の若きクロエだが、本人はしっかりした意思を持っているようだ。「必要な時には自分の考えをきっちり主張するわ。ハリウッドのお人形にはならないから」と断言した。