20
October , 2017
Friday


G線上のホース 高松宮記念 「B→A→Bで超高速馬場」

2016年3月26日(土)05時43分更新
Pocket

中京11R 高松宮記念

直前で前年の覇者エアロヴェロシティが回避し、前哨戦を制したダンスディレクターも週中に回避と混戦により拍車が掛かった今年の高松宮記念。馬券の肝は馬場状態でしょうか。正月の中京開催はBコースでしたが今月の2週はAコース、そして今週のみBコース。B→A→Bというコース替わりになりますが、高松宮記念がBコースで施行されるのは改装された2012年以降では初めてになります。土曜日の馬場を見て決めた最終結論ですので、参考にして頂ければ幸いです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ビックアーサー 自信度★★★☆☆

◎ビッグアーサー
○ミッキーアイル
▲サトノルパン
△ブラヴィッシモ
△アルビアーノ
△ウリウリ
△ウキヨノカゼ

 土曜日の芝を見る限り、最内の先行有利で外差しは厳しい馬場。時計も出ており土曜10Rは1000万下ながら1.07.6と従来を0.4秒上回る改修後のコースレコード。簡単に前は止まらないし、外を回っていても差せない。考えていた穴馬もこの馬場ではまず届きそうにない。
 推奨するのはビッグアーサー。前走のシルクロードSの5着を除けば1200m戦は【6.2.0.0】と連対率100%。その前走は先行馬と内枠の馬が上位を独占しており、大外枠だった同馬には辛い馬場。加えて本来は適性の無い1400m戦を使った後だったのも結果的に大きかった。展開のアヤやちょっとした鞍上の判断ミスで重賞には手が届いていないが、間違い無く国内最強のスプリンター。3走前は京都芝1200mでタイレコードを記録しており、レコード馬場も大歓迎。ミッキーアイルを目標に競馬が出来るこの枠順も大きく、まさに勝つ為の下地は全部揃っている。相手にも行き切れば強いミッキーアイルで問題無さそう。暴走しない限りは残れる馬場だが、妙味が有るのはサトノルパンとブラヴィッシモ。共にゲートが速く無いのが難点だが、乗り方さえ間違えなければ2着まで食い込めそう。馬券は単勝と馬単、3連単1着固定で勝負する。

中山11R マーチS

【推奨馬】モズライジン 自信度★☆☆☆☆

◎モズライジン
○ドコフクカゼ
▲サンマルデューク
△バスタータイプ
△マイネルクロップ
△ソロル
△イッシンドウタイ
△クリノスターオー
 
 このメンバーならば間違い無くショウナンアポロンが突っ張って逃げる展開。バスタータイプもクリノスターオーも好位からの競馬になるので早仕掛けを誘発しないものか。差し・追い込みにヤマを張ってみる。モズライジンの前走は3月17日の名古屋大賞典からの変則連闘。アウォーディーが強すぎたレースで2.5秒差の3着も地方の競馬場で後ろから行く脚質なので納得の結果。3走前はサンマルデュークと0.1秒差の2着が有り、5走前には勢いに乗るアポロケンタッキーを競り落としている様に、55キロのハンデでハマればこの相手でも通用して良い。相手にも後ろから行く馬を中心視。馬券は単複と馬連流し。

【若駒推奨馬】

中山6R 3歳500万下(芝1200m) ストライクショット 自信度★★★☆☆

◎ストライクショット
○ダノンキャップ
▲ネバーリグレット
△ストーミーシー
△ポートレイト
△パブロ
△フリームーヴメント

 ストライクショットの父親はファルブラヴ。産駒は基本的に牝馬の方が走る傾向が有り、短距離に適性が有る馬が多い(牡馬とセン馬はどちらかというと長距離指向)。ストライクショットはダートで勝ち上がり、前走のクイーンCに挑戦したものの13着と惨敗。今回は初距離の1200mでしかも中山も初コース。ワンカラットやアイムユアーズの様なスケールは無いが、この舞台ならば大きく変わっても驚けない。馬券は単複と馬連、ワイド流しで勝負する。

阪神1R 3歳未勝利(ダ1800m) フロシストン 自信度★★☆☆☆

◎フロシストン
○ディアスプマンテ
▲モルトカリーナ
△リベリーターン
△トリプライト
△レッドカルディア

 ここまで芝で0.8秒、0.6秒と僅差負けのフロジストンが初ダート。ダーレー生産で父パイロ、母父アンブライドルズソングと完全にダート配合。モタモタしているダート続戦相手でどこまでやれるかだが、ここなら通用する組み合わせ。馬券は単複と馬連流しで組み立てる。