17
November , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券 【大阪杯】 【ダービー卿CT】

2016年4月1日(金)02時30分更新
Pocket

大阪杯(4月3日・阪神11R)

志さらに大きくアンビシャス!

出遅れたり掛かったりと安定感には欠けるが、持てるポテンシャルの高さはここに出走のGⅠ馬たちにも引けを取らないアンビシャス。前走中山記念でドゥラメンテに首差②着と迫った脚を再現できれば首位有望の◎。香港C②着以来となるヌーヴォレコルトに○。惜敗続きだが強敵相手に全く崩れない勝負強さを買う。今回は54kの斤量が味方しそうだ。単穴▲も牝馬のショウナンパンドラ。決め手はメンバー屈指、休み明けでも走れる気性から有馬記念をパスしたことがプラスに働くはず。天皇賞は長すぎるイスラボニータはここが勝負所で特注★。ラブリーデイは香港遠征前の一叩きとみて△まで。

◎アンビシャス

○ヌーヴォレコルト

▲ショウナンパンドラ

★イスラボニータ

△ラブリーデイ

△キタサンブラック

△タッチングスピーチ

 

ダービー卿CT(4月3日・中山11R)

格上げ初戦も一気に突破!キャンベルジュニア

本命◎はキャンベルジュニア。重賞挑戦は昨年の夏以来だが前走関門橋Sが一週前の小倉大賞典を1秒2も上回る破格の大楽勝。器の大きさはかなりのもので同厩のモーリスに続く出世街道をひた走っても不思議ない。サトノアラジンはルメール騎乗で(2201)の好成績。唯一馬券対象から外れたマイルCCでもモーリスから僅か0秒2差の④着だった。中山のマイル戦は昨年4月の準オープン春興Sを究極の上り32秒7で快勝しておりコース適性も申し分なく対抗○。単穴▲に中山巧者ダイワリベラル、★に充実一途のマジックタイムとしたが、ロゴタイプ、ダッシングブレイズ、エキストラエンド、インパルスヒーローなど伏兵も虎視眈々。

◎キャンベルジュニア

○サトノアラジン

▲ダイワリベラル

★マジックタイム

△ロゴタイプ

△ダッシングブレイズ

△エキストラエンド

△インパルスヒーロー