23
August , 2017
Wednesday


「ハリー・ポッター」作家J・K・ローリングの椅子 4300万円で落札

2016年4月7日(木)02時37分更新
Pocket

 英作家J・K・ローリング(50)が「ハリー・ポッター」シリーズの最初の2作を書いた際に使用した、何の変哲も無い木製の椅子がニューヨークで6日、オークションに出品され、驚きの39万4000ドル(約4300万円)で落札された。

 AP通信によると、この椅子はもともと、ローリング氏が2002年にチャリティーオークションに出品したもので、その時は2万1000ドル(約229万円)で落札された。その後、09年に落札者がネットオークション「eBay」に出し、ジェラルド・グレイという男性が2万9000ドル(約316万円)で入手。そのグレイ氏が今回、NYで行われた競売に出品したもの。

 椅子には「J・K・ローリング」「ハリー・ポッター」などの文字が彫られ、ローリング氏が署名した手紙が添えられている。手紙は「新しい椅子の所有者の方へ」と始まり「私は1995年にバラバラのダイニング用椅子を4脚頂いたのですが、その中で一番すわり心地が良かったのがこれで、『ハリー・ポッターと賢者の石』と『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を執筆した時、私を支えてくれた椅子なのです」と記されている。

 当時、売れない作家だったローリング氏は、自宅でこの椅子に座ってタイプライターを打ち、時には近所のカフェに居座り、執筆したと言われている。

 予想外の高値がついたことに出品者のグレイ氏は「本当にびっくりした!」と驚きを隠せない様子で「売り上げの1割を、ローリング氏の慈善団体に寄付します。椅子(の出品)はもともとチャリティーが目的だったわけですから」と話した。今回の落札者の氏名は公表されていない。