18
August , 2017
Friday


G線上のホース 皐月賞 「誰が何と言おうが3強」

2016年4月16日(土)09時00分更新
Pocket

中山11R 皐月賞

「行かなかったのか、行けなかったのか」は乗っていたルメールにしか分かりませんが、1番人気メジャーエンブレムの桜花賞は残念な結果になりました。今週もそうなのですが、そもそも直接対決をしていない馬を「3強」と最初から持ち上げる風潮には懐疑的にならざるを得ません。言葉に踊らされずに、せめてしっかりと自分の眼でレースを見てから判断しても遅くは無いのではないでしょうか?今週も「3強」の中には怪しい馬がいると考えていますが…。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】リオンディーズ 自信度★★★☆☆

◎リオンディーズ
○エアスピネル
▲マカヒキ
△ナムラシングン
△サトノダイヤモンド
☆ジョルジュサンク
☆プロフェット
☆ドレッドノータス

 誰がどう見ても今年の皐月賞の最重要ステップは弥生賞。本番と同じ舞台設定で試走するには最適のレースに違い無い。「3強」の一角サトノダイヤモンドはきさらぎ賞からの直行。きさらぎ賞を制覇してから皐月賞に直行するローテーションはここ10年で【0.0.0.5】。その中にはディープインパクト産駒のトーセンラー、トーセンスターダムの2頭も含まれている。これは200mの距離差もさることながら、京都芝1800と中山芝2000mの根本的な違いによるものだろう。走って来た相手関係やローテからサトノダイヤモンドの評価を落とすことが的中への最短ルート。
 推奨するのはリオンディーズ。朝日杯FS時に推奨したが、当時は新馬戦の2000mから1600mへの距離短縮で折り合いには全く不安が無かった。前走の弥生賞は1600mから2000mへの距離延長のせいで行きたがり、最後は2000mを使っていたマカヒキにきっちりと差されてしまった。今回は同距離で臨めるので心配される折り合い面に関して言えば、まず大丈夫。しかも前走は休養明けだったのでトライアルとしては最適のガス抜きになった。むしろリオンディーズより掛かっていたエアスピネルも同じ理由で度外視出来る。ただでさえディープインパクト産駒の勝利が無い皐月賞。母馬がサンデー系のGI馬ならば、キングカメハメハ産駒でも足りるのはドゥラメンテとトゥザワールドが証明済みでこの2頭を評価する。マカヒキは強いがここまでフルゲートの経験も無く、弥生賞は差し優勢の馬場。そして何より川田への乗り替わりはプラスにはならない。先行したら現役でもトップクラスの巧さは有るものの、差し・追い込み馬騎乗では脚を大きく余す可能性が有る。ならば少々の無理を承知でナムラシングンを買いたい。3着馬を7馬身千切った若葉Sの2着馬だが、4角からのロングスパートが出来るのが何よりの強み。先週桜花賞を制したヴィクトワールピサ産駒で同馬の血統表を眺めると実に面白いクロスが有り、競馬を教えつつ着実に強くなっている。そして鞍上が今開催の中山2000mで乗れている田辺ならば一角崩しの夢も有ろう。
 長くなったが馬券の買い方を。リオンディーズからの馬単流しと、◎○・◎▲からの3連複流しを基本で組み立てる。余裕が有れば、◎→○▲△(ナムラ)→印各馬への3連単も足す。基本的にはリオンディーズ、マカヒキ、エアスピネルの弥生賞組こそが「3強」だと思う。

【若駒推奨馬】

福島9R 雪うさぎ賞 ラブミーロード 自信度★☆☆☆☆

◎ラブミーロード
○アテンフェスタ
▲ヒルダ
△アリアカンタービレ
△メイショウアタカマ
△ブロワ

 土曜の福島芝1200mは初芝の馬がワンツーを決めた2R、同じく初芝の馬が1着の5Rとダートを走っていた馬も走れる馬場。どうせならば初芝で大きく狙ってみる。ラブミーロードのこれまでの4走は全て逃げている。いずれもダートのレースだが、前走の京都ダ1400m戦の芝の部分のダッシュ力を見ると、もしかすると芝のレースならと思わせるロケットスタート。それもそのはずでこれは北関東に所属していた母ベラミロードによるものだろう。東京盃を5馬身差で勝った後は東京の根岸Sでもテンの速さが群を抜いていた同馬を母に持っているのだからある意味納得。ここは無謀かもしれないが、単複と馬連、ワイドで少額買ってみる。

中山2R 3歳未勝利(ダ1800m) スウィフトレイド 自信度★★★☆☆

◎スウィフトレイド
○パルクフェルメ
▲エラクレーア
△ロードゼフィール
△ウインフラクタル
△ギンザマトリックス

 前走2着馬が4頭も出走するので少なからず人気は分散するはず。スウィフトレイドの父スマートストライクの本年のダート成績は【2.2.3.7】と複勝率は50%超え。3代母ゴージャスは米GI3勝のダートの名血。ここ2戦は芝で燻っていたが今回のダート替わりでようやく本領発揮出来る。相手にも初ダートのパルクフェルメを上位に取る。馬券は単勝と馬連、馬単、3連複軸1頭流しで勝負する。

福島1R 3歳未勝利(ダ1150m) クールマギー 自信度★★☆☆☆

◎クールマギー
○オーディンローズ
▲ジイサマ
△ストロングハピネス
△グロウインザダーク
△トウショウアパッチ

 減量騎手起用でキンシャサノキセキ産駒の初ダート。母ツルマルオトメは芝1200mで4勝を挙げているがダートは未経験。ただ自身は父タイキシャトル×母父ストームキャットの配合なのでメイショウボーラーと同配合でむしろ鬼の可能性も有ったかもしれない。ここはその産駒に期待する。馬券は単複と馬連流し。