22
August , 2017
Tuesday


グラミー最優秀新人賞歌手メーガン・トレイナー激怒!新曲MVを自ら削除

2016年5月10日(火)02時30分更新
Pocket

こちらは修正無しの「ミー・トゥー」のカバー(@meghan_trainor/instagram)

こちらは修正無しの「ミー・トゥー」のカバー(@meghan_trainor/instagram)

 世界的大ヒットとなった「オール・アバウト・ザット・ベース」で2月のグラミー賞で「最優秀新人賞」を受賞した米“ぽっちゃり系”歌手メーガン・トレイナー(22)が9日、話題の新曲「ミー・トゥー」のミュージックビデオ(MV)をネットでリリース。そのわずか数時間後に削除したことが分かった。

 メーガンはスマホ向け画像共有アプリ「スナップチャット」で同日、MVを削除した理由について「ちょっとみんな!『ミー・トゥー』ビデオを撤収したわ。だってとんでもなく修正されてたのよ。すごくショック!もと通りにするまで公開しないつもり」とファンにメッセージを送った。

 米芸能メディアによると、レコード会社のMV製作スタッフが、動画の中のメーガンのウエストをギュッと細く修正したことにメーガンは怒り心頭なのだとか。「ワタシはあんなクビレなんて無い!」とキレたという。

 スタッフはよかれと思ってしたことが、「ぽっちゃり体形こそ自分である証拠」と自負するメーガンの怒りを買うことになったという訳だ。

 MVはユーチューブの音楽チャンネル「VEVO」で公開されたが、現在は完全に削除されている。