24
November , 2017
Friday


役にたたない英語おせーたる(127)髪型が〝タマ袋〟って…

2016年5月14日(土)09時00分更新
Pocket

後ろで束ねたこの髪型を〝ナットサック〟って呼ぶらしい

後ろで束ねたこの髪型を〝ナットサック〟って呼ぶらしい

 ある金曜日、オフィスには人影がまばらで、仕事量も少なく、まったりしていたら、ふらりとRegiがデスクにやって来た。Regiはオフィス友の一人で、blond(金髪)でtanned(日焼けした)、典型的なCalifornia girl(カリフォルニアガール)をほうふつさせるイケイケの中年女性である。見かけはCalifornia girlなのだが、実は中西部生まれの中西部育ちだそう。とにかく、この人も面白い人だ。

 ふらりとやって来たRegi、何を言い出すかと思えば、”Do you know how your hairstyle is called?”(あんたのヘアスタイル、なんて言うか知ってる?)。私は髪が長いので、特に仕事中は髪を一つにまとめている。ポニーテールだと髪が首に当たったりしてチクチクするので、髪を頭のてっぺんでゴムで一つにくくり、それを折り返して束ねてある。Regiはその髪型のことを言っているのである。

 “I don’t know. I thought it’s a bun.”(知らん。お団子やと思ったけど)。”No, bun is tight round, pinned with bobby pins, you know.”(お団子はきっちり丸まってて、ヘアピンで留めてるでしょうよ)。そっか、その定義に従えば、私のはbun(お団子)じゃないな、ゴム一つで束ねてあるから。

 “Then, how do you call this?”(じゃあ、これ、なんて呼ぶの?)と聞くと、”Nutsack.”(ナットサック)だって。

 ”Nutsack?”(ナットサック?)。 “Do you know important pieces of male genitals? Testicles? Nuts?”(ほら、男性の生殖器の重要な部分で、睾丸?キンタマ?)。nuts(キンタマ)はtesticles(睾丸)のスラング。sackは「袋」だから、nutsackは「タマ袋」ぐらいの意味か。ここらへんの言葉は分かるが、なんで髪型がnutsackなんだ?

 “I don’t know. But believe me. I have eight girls at home all the time. They are always saying, like when they go to the gym, ‘I’m going to make a nutsack,’ you know. My husband is like …”(知らないわよ。だけど、本当よ。うちには常時8人の女がたむろしてんだから。運動しに行くときなんか、「ナットサックにするわ」とか言ってるわけよ、分かる。うちのだんななんか圧倒されちゃって・・・)と言いながら、目を回す仕草をする。

 続けて、“You have very thick hair. So, yours is like young guy’s, you know. If your hair is thin, and it sags, it looks like old man’s.”(あんたは髪が多いから、若い男の子のタマタマかしらね。髪が少ないと、垂れちゃって、年寄りのタマタマに見えちゃうわ)。言いたい放題である。相手によってはsexual harassment(セクハラ)に捉えかねられない発言だが、Regiだからしょうがない。

 隣で聞いていたBryanも苦笑い。彼もnutsackなんて髪型があるとは初耳だったようだ。

 笑いをかみ殺しながら、“Don’t you think it’s offensive?!”(こんなこと言われて腹が立たないのかよ)。腹が立つも何も、面白い名前をつけるもんだなと感心していたもんだから、”No, I just learned a new term.”(別に。新しい言葉が習えた)なんて答えたら、Regiも”I don’t mean to be offensive. I just wanted to give you a laugh. It’s Friday.”(悪気はないわよ。笑わせたかっただけよ。なんてったって今日は金曜日なんだから)だって。