23
August , 2017
Wednesday


G線上のホース ヴィクトリアM 「やってはいけないこと」

2016年5月14日(土)07時30分更新
Pocket

東京11R ヴィクトリアM

先週のNHKマイルCは恥ずかしい予想になりました。昨今、馬場の及ぼす影響がレース結果に反映されやすくなっている様に思います。ただ、だからと言ってGIの舞台で「馬場」を優先したばかりに明らかに足りない様な馬を推奨してしまいました。平場ならば良いんです、このスタンスでも。ただ、GIや重賞だと「馬場」から「馬」を選んではいけません。本当に強い馬は「馬場」を言い訳にはしません。幸いにも東京のGIは後4つ控えているので、後悔しない予想を提供出来ればと思います。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ミッキークイーン 自信度★★★☆☆

◎ミッキークイーン
○クイーンズリング
▲マジックタイム
△ウリウリ
△シャルール
△ルージュバック
△ショウナンパンドラ
△シュンドルボン

 予想の肝は人気のディープインパクト産駒2頭の取捨。能力比較よりもマイル適性を考えたい。ショウナンパンドラは【0.1.0.1】、ミッキークイーンは【1.2.0.0】とマイル戦ではミッキーの方が対応出来る。ジャパンCでは後塵を拝したが、この条件ならば逆転可能。前走の阪神牝馬Sはいかにもマイルの試走という印象。脚を溜めて直線だけで2着に詰めた様にやはり末脚の破壊力は現役牝馬では屈指。2キロ背負っていたのを考えると、勝ちに等しい内容だった。幸いにも馬場は高速化も避けられており、フラットと考えても良い。ならば純粋にこの馬を評価する。ショウナンパンドラも出して行った大阪杯で最速上がりを繰り出しているが、あのレースは前残りのスロー決着。今回は来ない方に張りたい。
 相手で面白いのは4頭。先行力も有る上に良い末脚も使えるクイーンズリング、得意の左回りで更にパフォーマンスを上げるマジックタイム、死んだふりが恐いウリウリ、前走は大外から前を残した最高の負け方だったシャルール。馬券は馬連、馬単でシンプルに流したい。

【若駒推奨馬】

東京10R 青竜S アルーアキャロル 自信度★★★☆☆

◎アルーアキャロル
○グレッツェント
☆ビービーサレンダー
☆ヴェゼール
☆ツーエムレジェンド

 現3歳世代のダート路線でトップ3に入るであろうアルーアキャロル。ズバ抜けた末脚が最大の長所でここを勝っていざユニコーンSへという見え見えのローテーション。この相手関係ならば楽に決める。相手には前走の中山戦のコーナーでモタついた分敗れたグレッツェントの東京替わりに期待する。ダノンフェイスとコウエイエンブレムは距離で嫌った。馬券は◎○の馬単1点と◎→○→☆への3連単3点も薄めに入れておく。

京都10R 葵S メイショウスイヅキ 自信度★★☆☆☆

◎メイショウスイヅキ
○エリシェヴァ
▲ラズールリッキー
△レッドラウダ
△バシレウスライオン
△スキャットエディ

 クラシック路線でも個人的に淡い期待を抱いていたメイショウスイヅキ。パイロ産駒だけに初ダートが待ち遠しいが、距離短縮で高速京都に出走するここも見逃せない。新馬の1200m戦は4馬身圧勝、京都1400mのもみじSも完勝。折り合い面を気にせずに走れるこの条件で鬱憤を晴らす。馬券は単勝、馬連・馬単流しで組み立てる。

東京5R 3歳500万下(ダ1600m) キャニオンロード 自信度★★☆☆☆

◎キャニオンロード
○ネコダンサー
▲レッドゲルニカ
△プリンシアコメータ
△マコトルーメン

 キャニオンロードは父ネオユニヴァース×母父フレンチデピュティ。この配合はとにかく初ダートが走り、同じ3歳だとスピアザゴールド(9番人気2着)、フラワーファースト(4番人気3着)が芝→ダートで一変している。今はセン馬の全兄アルターも初のダート戦で3馬身差圧勝を決めており、ここは馬券を買っておきたい舞台。馬券は単勝と馬連、馬単で勝負する。