21
August , 2017
Monday


昨年2月に結婚したばかりのジョニー・デップとアンバー・ハードもう破局

2016年5月26日(木)02時53分更新
Pocket

ラブラブのはずだった2人だったが…(@johnnydepp.oficial/instagram)

ラブラブのはずだった2人だったが…(@johnnydepp.oficial/instagram)

弱り目に祟り目とはこのことだ。米俳優ジョニー・デップ(52)は先週、闘病中だった最愛の母親ベティさん(81)を亡くした。そのわずか3日後の23日、妻で女優のアンバー・ハード(30)が離婚を申請したことが分かった。

デップは2012年、14年間連れ添ったフランス人のパートナーで歌手兼女優のバネッサ・パラディ(43)と破局。原因になったといわれるのが、デップが映画「ラム・ダイアリー」(11年)で共演したアンバーとされる。

撮影中からデップがアンバーに猛アプローチし、ハートをゲット。約2年間の交際を経て、14年に婚約。昨年2月にロサンゼルスの自宅で挙式したばかりだった。

結婚後は夫婦そろって映画祭などのレッドカーペットイベントに出席し、熱愛ぶりを披露。昨年、デップが主演する「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作のオーストラリアロケにはアンバーが同行するほど仲睦まじかった。

まだ新婚気分のはずのそんな2人に一体何が起きたのか――。米メディアは離婚の理由を「和解し難い不和」としているが、それぞれの代理人からはまだ、正式コメントは発表されていない。

ただ、2人に近い関係者の話として米芸能サイト「TMZ」は、2人に資産分配などについて記した婚前契約はしておらず、離婚手続きはスムーズに行えそうだと伝えている。 だが、米芸能誌「ピープル」などは、デップの資産は4億ドル(約440億円)とも言われ、アンバーが資産分配を求めた場合、泥沼裁判になる可能性を指摘している。

一方、皮肉なことに夫婦そろって最後に登場したのは先月、ユーチューブなどで公開された2人並んでの謝罪動画だった。

夫妻は昨年のオーストラリアロケに連れて行った愛犬のヨーシャーテリア「ピストル」と「ブー」を検疫を受けないで無許可入国させ、オーストラリア当局から不法輸入と虚偽の関税申告の罪で起訴されていた。

先月18日の同国クイーンズランド州の裁判にハアンバーが出廷。罪を認めた上で、デップと共に反省の意を示した謝罪ビデオを法廷に提出。裁判所は、2人が十分反省しているとして起訴を取り下げた。その際の動画が夫婦最後のツーショットになったというわけだ。 神妙な表情で反省の意を示した動画(ユーチューブから)