20
November , 2017
Monday


G線上のホース 東京優駿 「あの風はもう吹かない」

2016年5月28日(土)07時00分更新
Pocket

東京10R 東京優駿

泣いても笑っても2013年生まれの最強馬決定戦、今週はいよいよダービーです。今春のGI成績は決して褒められる成績ではなく反省ばかりですが、ダービーだけは何としても当てたいレース。普段は儲かることを意識して馬券を購入しているのですが、今週は特に的中に重点を置いて予想を組み立てたいと思います。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】リオンディーズ 自信度★★★☆☆

◎リオンディーズ
○マカヒキ
▲スマートオーディン
△エアスピネル
△マウントロブソン
△サトノダイヤモンド
△ディーマジェスティ
☆ロードクエスト
☆アグネスフォルテ

(過去のG線推奨馬)※今週から毎週掲載してみます
2015年 リアルスティール(2番人気4着)
2014年 ベルキャニオン(6番人気8着)
2013年 キズナ(1番人気1着)
2012年 ワールドエース(1番人気4着)

皐月賞当日、現地の中山競馬場にいた人ならばいつもと違う点に気付いたはず。その位あの日の風は強烈だった。発走時間15時40分から船橋市の風速は平均で7.2m/s、最大瞬間風速は15.5m/s、競馬場では19m/sを記録した。これは人間の子供が飛ばされそうになるレベル、大人でも構えていないと吹き飛ばされる位の風速。皐月賞の結果は「風によって大きく左右された」と考えたい。この日吹いた風は向こう正面では向かい風になり、直線では追い風になるので道中は馬群の中にいて直線では外に出す馬が圧倒的に有利だった。つまり皐月賞上位馬にはそういうアドバンテージが有ったことを強調しておく。
皐月賞でも推奨したリオンディーズをこの舞台でも推奨。鞍上のデムーロはこの強風の影響で馬場・展開を完全に読み違えた。1000m通過が58.4秒のハイペース、先行策は不利に違いなかったがそれ自体は間違っていない。問題なのは逃げ馬のリスペクトアースが下がって来た時にペースを落とさなかった、落とせなかった点に尽きる。皐月賞の後半5Fのラップは11.5-12.4-12.2-11.6-11.8とまさに1000mから1200m間の11.5秒が最速タイム、これは暴走気味にリオンディーズが上がっていった点と合致する。「並みの馬」ならば見るも無惨な結果になったであろうが、それで4着入線(5着に降着)したのだから「怪物級」。全ては風に左右されたレースだった。今回は舌を縛って折り合い対策、父キングカメハメハ(ダービー馬)×母シーザリオ(オークス馬)の配合で東京2400mは約束の舞台。個人的にはここで買わずにどこで買うと思っている。
相手にはここまでの全レースが最速上がりのマカヒキが本線。ここ2戦がダービーを意識した乗り方をした上で圧勝のスマートオーディンが3番手。ディーマジェスティは強かったが、いかにも全てがハマった様に見えたのが皐月賞。あの風は府中ではもう吹かないだろう。中間の熱発情報も割り引き材料。それならば同じ先行策で潰れたマウントロブソン、ダービーを大目標を公言しているサトノダイヤモンドを上に取りたい。主に3着狙いだがヒモで面白いのは好枠エアスピネル、無欲の追い込みロードクエスト、積極策のアグネスフォルテ。馬券は◎の単勝、○▲への馬連を本線に、3連単は◎→○▲△→印全頭のフォーメーションで買う。

東京12R 目黒記念

【推奨馬】マドリードカフェ 自信度★★★☆☆

◎マドリードカフェ
○クリールカイザー
▲マリアライト
△ネオブラックダイヤ
△サムソンズプライド
△レコンダイト
△モンドインテロ

ダイヤモンドS15着と名古屋大賞典6着で馬柱を汚しているマドリードカフェだが敗因はいずれも歴然としたもの。ダイヤモンドSはやや重発表ながら馬場は不良に近かったし、名古屋大賞典はそもそもダート。4走前は万葉Sを制しており、前走の勝ち馬クリプトグラムは今回が斤量+2キロに対して2着だった同馬は+1キロで斤量差は縮まっており、まさに人気の盲点。お祭り後なのでダービーに騎乗した騎手よりは11Rと12Rしか騎乗しない川島の平常心に期待したい。相手も前々に絞って大きく狙ってみる。馬券は単複と馬連、◎1頭軸の3連複で推奨する。

【若駒推奨馬】

京都11R 白藤賞 ビップライブリー 自信度★★☆☆☆

◎ビップライブリー
○ビナイーグル
▲サラザン
△ミエノサクシード
△フォーアライター
△トレジャートローヴ
△ウインムート

新馬戦は不良馬場で驚愕の追い込みを決めたビップライブリー。前走の毎日杯(7着)は3角で他馬と接触した上に直線では狭くなる二重の不利が有った。半兄は富士S勝ち、マイルCS2着のあるダノンヨーヨー。血統的にもマイルがベストで将来的にも追い掛けて損は無さそうな一頭。馬券は単勝と馬単、3連単で買ってみる。

東京4R 500万下(ダ1400m) ジュアンマリエ 自信度★☆☆☆☆

◎ジュアンマリエ
○ファド
▲ブラボーリリック
△ニケトップラン
△ヤマイチジャスティ
△ガイアトウショウ
△キョウワクロニクル

ジュアンマリエはダートで勝ち上がった後に芝で7着→13着→8着→5着と凡走続き。今回はあの初勝利後初めてのダート戦で、その時に下したのが既に500万勝ちのケンコンイッテキ。この相手関係ならば十分通用するはずで少額狙ってみる。馬券は単勝と馬連、3連複軸1頭流しで組み立てる。