18
August , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券【鳴尾記念】【安田記念】

2016年6月3日(金)02時30分更新
Pocket

鳴尾記念(6月4日・阪神11R)

適距離に戻ってサトノノブレス有力

天皇賞は距離不適で⑪着に敗れたサトノノブレスだが、0秒7差ならむしろ健闘の部類。今回は(2221)の2000mに戻り改めての期待◎。ヤマカツエースは前走の京都記念こそ道悪が応えて伸びを欠いたがその前の2重賞を連勝しているように近走充実、GⅢ戦なら見直しが必要で対抗○。香港遠征以来となるステファノスは宝塚記念を見据えた一叩きの意味合いが強いが、この距離のGⅠで2度の②着があるように地力は上位で▲以下には落とせない。新潟大賞典勝ちのパッションダンスは阪神にも良績があり特注★。アズマシャトル以下△が押さえ。

◎サトノノブレス

○ヤマカツエース

▲ステファノス

★パッションダンス

△アズマシャトル

△マジェスティハーツ

△アクションスター

△メイショウナルト

 

安田記念(6月5日・東京11R)

大器覚醒!リアルスティール

王道路線での実績馬が結果を出している今年のGⅠ戦線。今週も海外GⅠを制覇してここに臨むモーリスとリアルスティールの2強が抜けている。マイルGⅠ4勝を含み現在7連勝中のモーリスだが、そろそろ筒一杯という可能性もあり○に止め、◎にはリアルスティールを推す。前走のドバイターフは3歳春の共同通信杯以来の勝利でそれまでの惜敗続きのもどかしさを払拭する快勝、モーリスとは逆に上積み十分と見た。3番手評価の▲に京王杯SC勝ちのサトノアラジン。東京のマイル戦は最適の舞台で、展開が嵌るようなら一気の首位台頭も。実力馬イスラボニータの巻き返しに特注★。

◎リアルスティール

○モーリス

▲サトノアラジン

★イスラボニータ

△ロサギガンティア

△フィエロ

△コンテントメント

△ダノンシャーク