20
November , 2017
Monday


ベビメタが英音楽賞の「最優秀ライブバンド賞」受賞!授賞式では事件が…

2016年6月10日(金)03時50分更新
Pocket

昨年に続き今年もKerrang!音楽賞受賞の3人(@babymetal_official/instargam)

昨年に続き今年もKerrang!音楽賞受賞の3人(@babymetal_official/instargam)

海外で大ブレークし、現在ワールドツアー中の日本人美少女3人によるメタルユニット、BABYMETALがロンドンで9日午後(日本時間10日午前)、英誌「Kerrang!」が主催する世界のロック界で最も権威ある音楽賞の一つ「Kerrang!ミュージック・アワード」で、日本人初の最優秀ライブバンド賞を受賞した。ところが、晴れの舞台で受賞スピーチの最中、とんでもない“事件”が発生した。

同賞発表を前に、会場ではノミネートされた5組のバンドのイメージ映像が流され、BABYMETALの名前が呼ばれると、会場は大きな拍手と喝采に包まれた。メンバー3人はステージに上がり、会場に向かって会釈をした後、最年長のボーカル、SU―METALこと中元すず香(18)が英語で受賞スピーチを始めた。まさにその時、こともあろうに、横にいたプレゼンターが演説にちゃちゃを入れ、妨害を始めたのだ。

英レゲエロックバンド、スキンドレッドのボーカル、ベンジー・ウェブ(49)という男で、この日、授賞式のプレゼンター役だった。

昨年は同賞の独創的なアーティストに贈られる「スピリット・オブ・インディペンデンス賞」を受賞したことから、壇上の中元は「今年もまた、ここに来られて光栄です」と話し出すと、ベンジーは「また?」「よかったね」「シー・ユー!」「ヘビーメタル?」「ふざけてんのか?」などと、まるで合いの手を入れるようなタイミングでスピーチを妨害。会場はどよめき、ベンジーへのブーイングが起こった。

それでも中元は笑顔を絶やさずスピーチを続け、ファンや関係者に感謝。会場からは割れんばかりの拍手が送られた。

この卑劣な行為に世界中のBABYMETALファンは激怒。授賞式終了後、さすがにマズいと思ったのか、ベンジーはすぐに「もし今夜の式典でBABYMETALを侮辱したと感じたならごめん。マジで彼女たちをからかうつもりはなかったんだ」とツイート。すると欧米のツイッターユーザーからは「お前は謝罪の仕方も知らないようだ」「いい年をした男が十代の女の子に無礼な行為をして恥ずかしくないのか」など批判メッセージであふれた。

するとベンジーはまた「繰り返すけど、BABYMETALやファンのみんなや、誰に対しても酷いことをするつもりはないんだ。もし傷つけてしまったのなら、心からごめんなさい」と再び謝罪。それでもヘイトメッセージは止まず、今度は「ファンのみんなのように彼女たちは気にしてないと思うよ」と、3度目のツイートをした。

SNSでのベンジー批判が続く中、BABYMETALは現地時間10日午後、ロンドン郊外で開かれる世界最大級のメタルロックの祭典「ダウンロード・フェスティバル」に登場する。ベンジーのスキンドレッドも同フェスに出演することから、ツイッターユーザーらは「彼女たちの前でちゃんと謝れよ」などと書き込んだ。さあ、ベンジーどうする?