22
August , 2017
Tuesday


G線上のホース 函館SS 「函館が変わる?」

2016年6月18日(土)04時27分更新
Pocket

函館11R 函館SS

今週から北海道開催がスタートし、いよいよ夏競馬の足音も聞こえてきました。夏場のローカル開催になると競馬自体をやらないという方も多いかとは思いますが、2歳戦も充実して来ますし、秋競馬へ向けての上がり馬を探すのも楽しみの1つです。あれもこれも手を出す訳にはいきませんが、重賞・注目3歳馬・2歳戦の3本柱で読者の方に少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】オデュッセウス 自信度★★★☆☆

◎オデュッセウス
○アクティヴミノル
▲エポワス
△ティーハーフ
△アースソニック
△セイコーライコウ

あまり報道されていないが、今年から函館も開催前にエアレーションという馬場に穴を開けて空気を入れる作業を行っている。あくまでも傾向だが、中山ではこれによって開幕週から差しがバンバン決まり、開催終盤になると馬場が堅くなるので先行馬が残るという事象が発生している。
ローレルベローチェ、シュウジの先行争いで少しでも前傾ラップになるのが大前提。今年も狙って面白いのは差して来る馬。中でも3歳馬オデュッセウスが面白い。前走の橘Sは3歳戦で他馬より1キロ背負いなが、堂々の差し切り勝ち。いかにも展開がハマった感が否めないが、今回も外差しにヤマを張るのが前提なのでこの馬が際立つ存在。父ファルブラヴは北海道開催要注目種牡馬。相手にも似た様なタイプで狙ってみたい。馬券は単複と馬連、3連複で勝負する。

東京11R ユニコーンS

【推奨馬】ピットボス 自信度★★☆☆☆

◎ピットボス
○グレンツェント
▲ゴールドドリーム
△ストロングバローズ
△クインズサターン
△イーグルフェザー

推奨候補のアルーアキャロルがトモの不安で回避。それならばと思っていたマインシャッツが今度は除外。上位人気馬が素直に強く、力量比較も難しいのでスタンスを変えて不当人気の穴馬から3連複狙い。ピットボスの近2走は2着→1着。ただこの2つのレース共に3着馬を大きく離しており、前々走は1.1秒で前走は1.2秒と能力的に普通の500万下レベルの馬と比べると抜けている。展開のアヤでイーグルフェザーに敗れており、父ゴールドヘイローと地味な血統。今回はそのおかげで人気の盲点になっている。他の馬も強いのは認めるが、この馬が馬券に絡んでも全く驚かない。馬券は単複とワイド流し、3連複軸1頭流しで狙ってみる。

【若駒推奨馬】

函館12R 北斗特別 サーブルオール(3歳) 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
洋芝で無類の強さを発揮するハービンジャー産駒。サーブルオールは母系にトニービンも入っているので信頼度アップ。ここは本当に楽しみ。

函館9R 3歳500万下(芝2000m) キャノンストーム(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
ハービンジャー産駒のテオドール狙いも良いが、人気の盲点はワークフォース産駒。去年の函館は【2.1.1.4】と3着内率は50%。今後も使えるかどうかレースぶりに注目。

阪神5R 2歳メイクデビュー(芝1600m) アドレスマッチング 自信度★★☆☆☆

◎アドレスマッチング
○マナープリンセス
▲ラガーセブンカラー
△プロキシマ
△ウィズワンアセント

アドレスマッチングはセレクトセールで3000万円超えのタートルボウル産駒。社台ファームとしてもこのクラスの馬が走ってくれないと困るレベルだろう。産駒の傾向はこれから検討していきたいが、切れるタイプでは無く先行力で押し切る競馬が主となるだろう。馬券は単複とワイドで流す。

函館5R 2歳メイクデビュー(芝1200m) モンドキャンノ 自信度★★★☆☆

◎モンドキャンノ
○フクノクオリア
▲ビップソルダー
△ソレイユフルール

4月下旬から函館デビューが決まっていたモンドキャンノ。早々に鞍上戸崎を確保してのデビュー戦で陣営の期待度も伝わってくる。馬主は函館SSに出走するオデュッセウス、函館2歳S2着アイムユアーズと同じユアストーリー。ここの勝ちっぷり次第では今年の函館2歳Sで堂々主役を張れるだろう。キンシャサノキセキ×母父サクラバクシンオーなので間違い無くスプリント戦がベストの配合。相手にもキンシャサノキセキ産駒を本線に、馬券は馬単で勝負する。