22
August , 2017
Tuesday


◎血統予想【東京11R・夏至S】【函館11R・大沼S】【東京10R・八ヶ岳特別】

2016年6月24日(金)12時58分更新
Pocket

【東京11R・夏至ステークス】

オープンの欅Sでクビ差の2着惜敗のエイシンバッケンが降級戦なら負けられない。芝では7戦1勝と凡庸な成績だったが、ダートで5勝を上挙げているエイシンヴァラーの半弟らしく、ダート路線に転向してからはポンポンと勝ち上がっている。早熟な印象のヨハネスブルグの産駒ながら、ネロも古馬になってもオープン戦で活躍しているように、以外に成長力がある。祖母エイシンルーデンスは中山牝馬S、チューリップ賞の勝ち馬で、産駒には北九州記念2着のエーシンリジルがいる。エイシンバッケンにとっては軽めのダートの1400mはベストの条件だ。


◎エイシンバッケン
○エイシンバランサー
▲スウィープアウェイ
△メガオパールカフェ
△ビッグリバティ
△カフジテイク

【函館11R・大沼ステークス】

◎モンドクラッセ
○バンズーム
▲イースターパレード
△イッシンドウタイ
△ソロル
△キープインタッチ

【東京10R・八ヶ岳特別】

◎バンゴール
○ブラックバゴ
▲キングカラカウア
△カレンリスベット
△レッドライジェル
△フジマサエンペラー