23
August , 2017
Wednesday


西郷隆盛が霊界から日本を憂う!

2016年6月27日(月)12時00分更新
Pocket

話題の書籍「政治家の正義と徳 西郷隆盛の霊言」

 江戸末期から明治初期にかけて維新の志士として日本を牽引した西郷隆盛が霊界から今の国会運営を痛烈に批判した書籍「政治家の正義と徳 西郷隆盛の霊言」(大川隆法著)が幸福の科学出版から発売されている。

安倍首相の失政を一喝

 同書で西郷は霊界から議会制民主主義の欠点や安倍首相の失政について衝撃発言を連発。目下1000兆円を超えている日本の財政赤字については、改革案を次のように発している。「借金が1000兆あるっていうんだろう? もう〝機能停止〟すべき。(国会議員は)全員クビだな。辞職解散なんてする必要はない。クビだよ」

 財政赤字が年々、増加していく中、その原因を作った国会議員は今回から追放するという大胆案。そればかりか、追放された国会議員には更なるペナルティーを科すべきと強弁する。「(国会には)戻ってきたらいかん。会社だったら、大赤字をつくった重役は帰ってこれない。退職金もなくなる。国会議員としての年金みたいなものも全額返納。当たり前だ」

 この案にのっとれば安倍首相は直ちに辞職、二度と政界復帰ができなくなる。さらに西郷は霊界から安倍首相の政策も完全否定。テクニックを駆使して世論誘導をしているだけで、実態は伴っていないとまで言い切っている。これらの大胆な改革案、あなたならどう思う?