19
November , 2017
Sunday


必見!ジョン・ボン・ジョヴィ 友人の結婚式で地元バンドとあの名曲熱唱

2016年7月8日(金)03時23分更新
Pocket

 米国・フロリダ州マイアミで先週末、一般人の結婚式で、地元バンドが伝説的ロックレジェンド、ボン・ジョヴィの代表曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」を披露した。理由は、出席者の中にあのジョン・ボン・ジョヴィ(54)がいたからだ。ボーカルの女性はジョンをステージに引っ張り出したから出席者たちは大喜び。みんなで大合唱する様子を撮影した映像はユーチューブに投稿され、話題を集めている。

 ジョンと新郎・新婦との関係は不明だが、いずれかの親が友人のようだ。「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が始まると、当然、出席者の目はジョンに集中。ボーカルの女性もマイクを向けて盛んにアプローチ。スーツ姿に整髪されたダンディーなジョンは、「オレはいいよ」とはにかみながら女性に「どうぞ続けて」と手振り。だが、歓声に押され、結局しぶしぶ立ち上がってマイクを握り、女性とデュエットし、会場を大いに盛り上げた。

 同曲は1986年の世界的メガヒット曲。ジョンらバンドメンバーが一緒に作詞作曲した。2006年に米ミュージック局VH1が行った80年代のベストソング投票で、多くの名曲を押し退け1位に選ばれた。