23
August , 2017
Wednesday


◎血統予想【福島11R・七夕賞】【中京11R・プロキオンスS】【函館11R・マリーンS】

2016年7月9日(土)12時39分更新
Pocket

【福島11R・七夕賞】

勝ち味に遅い面があったルミナスウォリアーが休養を挟んで2連勝。体質が弱くて使い込めなかった馬が、中2週で重賞挑戦というのもこれまででは考えられなかった。体質強化の証でもあり、本格化を迎えた今なら重賞でも好勝負だ。母はアグネスタキオン×ボールドルーラーというスピードの持続力がある配合。ここ3戦連続で最速の上がりをマークしたように、ルミナスウォリアーがメイショウサムソン産駒としては瞬発力に優れているの、この母系の影響だろう。サムソン産駒は昨年、デンコウアンジュがアルテミスSで初の重賞勝ち。今度は牡馬で重賞制覇だ。

◎ルミナスウォリアー
○シャイニープリンス
▲アルバートドック
△ダコール
△ヤマニンボワラクテ
△バーディーイーグル

【中京11R・プロキオンステークス】

◎ノボバカラ
○ニシケンモノノフ
▲タガノトネール
△グレープブランデー
△ダノングッド
△キングズガード

【函館11R・マリーンステークス】

◎バンズーム
○ショウナンアポロン
▲ソロル
△ヒラボクプリンス
△イッシンドウタイ
△ナリタスーパーワン