18
October , 2017
Wednesday


G線上のホース 七夕賞 「願い事は完全復活」

2016年7月9日(土)06時15分更新
Pocket

福島11R 七夕賞

先週は最終的にハンデ差が物を言う結果に。CBC賞はトップハンデと8.5キロ差有ったラヴァーズポイントが2着に入り高配当になりましたが、ラジオNIKEEI賞のジョルジュサンクは56キロの斤量が堪えて失速。両重賞共にトップハンデ馬が馬券に絡まないケースでしたが、夏場の競馬はハンデ重賞だらけです。斤量の見極めは当然ですが、その馬がコースとマッチしているかも同じ位大切です。今週の七夕賞も難解ですが、そこを踏まえて予想を組み立てました。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】マーティンボロ 自信度★★☆☆☆

◎マーティンボロ
○ヤマニンボワラクテ
▲バーディーイーグル
△ダコール
△マイネルラクリマ
△ステラウインド
△アルバートドック
△シャイニープリンス

マーティンボロはここ3戦が9着→7着→11着と全く冴えない。ただいずれのレースもイン・先行馬が圧倒的に有利な馬場、そしてマイル成績自体が【0.1.0.5】と合わない条件だった。そもそも一昨年前の天皇賞惨敗後は11ヶ月の休養を挟み毎日王冠で13着、そこから3ヶ月後に冒頭のマイル3戦を走っており、体調自体が万全だったとは言い難い。長期休養前は2000mのハンデ重賞に限ると【2.1.0.0】と連対率は100%。明かな叩き台だったマイル3戦後に狙い澄ました2000mのハンデ重賞への転戦。ここで買わずにどこで買おうか。ディープインパクト産駒は先週もゼーヴィントが制しており、馬場が渋っても良いタイプ。この馬から穴狙いで攻める。馬券は単複を大本線に馬連、ワイドで流す。

中京11R プロキオンS

【推奨馬】ニシケンモノノフ 自信度★★☆☆☆

◎ニシケンモノノフ
○キングスガード
▲ダノングッド
△ノボバカラ
△ブライトライン
☆カフジテイク
☆マルカフリート

NHKマイルCを勝ったクラリティスカイが初ダート。個人的にダート適性は有ると思う…がダート初戦が重賞なのは荷が重いので消す。はっきり言って何が行くか本当に分からないメンバー構成。ただ1つだけ「前が相当速くなる」のだけは間違い無い。パサパサの良馬場ならば差し・追い込み馬に山を張りたいところだったが、残念ながら雨が残りそうな馬場。それならば順当に前で決着する。重馬場巧者で前に行ける馬をシンプルに狙ってニシケンモノノフ。重馬場は【2.0.0.0.】と負け無しで、逃げないと脆いタイプでも無い。馬券はこの馬からだが、無欲の追い込み馬2頭も少しはマークしておく。馬券は単複と○▲が本線の馬連、3連複軸1頭流しで勝負する。

【若駒推奨馬】

福島10R 天の川賞 キャプテンベリー(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
先週のラジオNIKEEI賞では◎も考えていたが無念の除外。スライド出走の今週は目先を変えての初ダート。父クロフネ×母父ネオユニヴァースなので血統的には対応出来るはず…。人気過多だとは思うが推奨。

福島9R 織姫賞 グリントオブライト(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
東京開催の後半はコース設定や馬場の影響で全く差しが決まらず。決め手の有る牝馬で2200mで勝ち上がっており、この距離延長も合う。

福島5R 2歳メイクデビュー(芝1800m) ニシノリヒト 自信度★☆☆☆☆

◎ニシノリヒト
○クインズゴールド
▲デジャブ
△ジュティアン
△マツリダダイキチ

先週がハマったので今週も同じ条件のレースでリーチザクラウン産駒から少額だけ買ってみたい。馬券も同じく単複とワイド流しで少額だけ勝負する。

福島1R 2歳未勝利(ダ1150m) シラバブ 自信度★★★☆☆

◎シラバブ
○ハシルキセキ
▲アフターバーナー
△シャインヴィットゥ
△キッド
△フィッシャーキング

世代初のダート未勝利戦。ハシルキセキとアフターバーナーは強力で馬券対象の残り座席は1つと言っても良いかもしれないが、そこは福島1150mの特殊な設定で思わぬ波乱に期待。推奨するのはカジノドライブ産駒シラバブのダート替わり。芝の新馬戦で良いスタートダッシュを決めており、なかなかの先行力。意外にもカジノドライヴ産駒の距離別複勝率は1200m以下が1番良い。レース内容、データの双方から推奨出来る。馬券は単複と馬連、軸1頭流しの3連複で推奨する。