26
September , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【函館記念】【バーデンバーデンC】

2016年7月15日(金)02時20分更新
Pocket

函館記念(7月17日・函館11R)

好枠とハンデ差を利してマテンロウボス◎

枠順の有利不利が極端に反映するレース。札幌で施行された09年を除く過去9年で勝ち馬は2、3、4枠に集中しており外枠は不振、8枠に至っては連対すらない。当初本命視していたファントムライトがまさかの8枠⑯番に回ったので△まで評価を下げ、3枠⑤番を引いたマテンロウボスを◎に抜擢する。前走の巴賞は②着惜敗だったが今回は1k減の55k、勝ったレッドレイヴンが据え置きの57kなら逆転十分と見る。○は巴賞③着からこちらも1k減のツクバアズマオー。単穴▲には格上挑戦になるが前走快勝の勢いとハンデ54kが魅力のバイガエシとした。昨年は大外⑯番枠が響いて⑧着に敗れたマイネルミラノの巻き返しに特注★。以下△印を押さえに。

◎マテンロウボス

○ツクバアズマオー

▲バイガエシ

★マイネルミラノ

△ファントムライト

△ダービーフィズ

△ネオリアリズム

△レッドレイヴン

 

バーデンバーデンC(7月17日・福島11R)

実力馬ジャストドゥイングの連勝

7か月の休養の間に降級していたジャストドゥイングが前走の準オープンを完勝し再びオープンに戻ってきた。もとより3歳春には重賞で戦っていた実力馬で、ハンデ54kと恵まれた今回は再度圧勝も十分の本命◎。バクシンテイオーもスワンS④着など重賞入着歴があり長期休養明けを叩かれての2戦目、福島にも勝ち鞍があり対抗○。この距離に特化して使われているアットウィルは近走すべて③着以内の超堅実派。ここも崩れは考えづらく単穴▲。前走の水無月Sを上り最速で差し切ったコスモドームが53kならさらに切れそうで特注★。△印の4頭も展開次第で馬券圏内に浮上。

◎ジャストドゥイング

○バクシンテイオー

▲アットウィル

★コスモドーム

△ゴールデンナンバー

△アミカブルナンバー

△ゴーイングパワー

△スカイキューティー