29
June , 2017
Thursday


ちょいワル火遊び馬券【中京記念】【函館2歳S】

2016年7月22日(金)02時30分更新

中京記念(7月24日・中京11R)

復活!タガノエスプレッソのマイル適性に◎

現行の施行条件となった過去4年でなんと1~4番人気の連対がない。今回上位人気が予想されるダッシングブレイズ、ケントオー、トウショウドラフタは敢えて△まで評価を下げ、◎には前走の準オープンで久々の勝利を挙げたタガノエスプレッソを抜擢。3歳クラシックは曲りなりにも皆勤賞、その3戦とも⑬着の大敗だが、休養明けの前走マイル戦では先行逃げ切りとイメージ一変!デイリー杯2歳S以来の重賞制覇に期待する。○は谷川岳Sでヤングマンパワーを競り落としたピークトラム。単穴▲が米子Sでは道悪に泣かされたガリバルディ。この馬は福永騎乗なら(2330)と崩れていない。特注★にパワー型で中京が合いそうなダノンリバティ。

◎タガノエスプレッソ

○ピークトラム

▲ガリバルディ

★ダノンリバティ

△ダッシングブレイズ

△ケントオー

△トウショウドラフタ

△マイネルアウラート

 

函館2歳S(7月24日・函館11R)

素質高いレヴァンテライオンに◎の期待

デビュー戦で2歳コースレコードに0秒1差で快勝したモンドキャンノが現時点での完成度では一歩リードの感もあるが、今回は完全にマークされる立場で○に止め、時計的には目立たないが初戦の勝ちっぷりに非凡さを感じさせたレヴァンテライオンに◎を打つ。直線で一旦2頭に後れを取りながら外に切り返して差し切ったレースセンスに逆転Ⅴの可能性十分とみた。初戦で○の②③着に甘んじたドゥモワゼルとフクノクオリアはともに次走で快勝、3戦目となる経験値が生きると上位有望で▲と★にとる。このレースに良績を残す山内厩舎のロイヤルメジャー以下△4頭が押さえ。

◎レヴァンテライオン

○モンドキャンノ

▲ドゥモワゼル

★フクノクオリア

△ロイヤルメジャー

△ガーシュウィン

△ザベストエバー

△タイムトリップ