15
December , 2017
Friday


五輪開幕直前のリオで現役警官2人逮捕!外国人を誘拐、現金盗んだ容疑で

2016年7月27日(水)05時12分更新
Pocket

人口600万人の大都市リオデジャネイロ(@olympics/instagram)

人口600万人の大都市リオデジャネイロ(@olympics/instagram)

 夏季五輪の開幕を来週に控えたブラジルの開催都市リオデジャネイロで先日、ニュージーランド人男性を誘拐し、カネを奪って逃走したとして、高速隊の警官2人が27日までに逮捕された。

 地元紙などによると、被害に遭ったのは、ブラジリアン柔術の修行のため、同市に長期滞在しているジェイソン・リーさん。23日、同市の路上で制服の警官人に職務質問され、高速隊事務所に連行された後、銃を突きつけられて車に乗るよう指示された。

 乗せられた車は警察車両ではなく一般車で、車内でも銃で脅され、ATMでカネをおろすよう要求された。ATM2か所で計2000リアル(約6万4300円)を出金すると、すぐに解放されたという。

 ブラジル経済は現在、原油価格の急落などにより不況が治安が悪化、社会不安を起きている。また、リオなどの大都市では警察官の給料が支払われないなど、深刻な状況となっている。

 現地警察は、五輪で訪れた選手・役員や観光客に対し、特別な事情がない限り外出はしないよう注意を呼びかけている。