29
June , 2017
Thursday


G線上のホース アイビスSD 「今年も天才少女」

2016年7月30日(土)04時09分更新

新潟11R アイビスSD

今週から新潟、札幌、小倉といよいよ本格的な夏競馬開催。開幕週だけに大きな勝負が出来ませんが、ヒントはやはり過去のローカル実績。それと適性が未知の3歳馬のローカル適性を考えるのも面白いポイントです。今週は個人的にも2歳未勝利で大きな変わり身狙いをしてみましたが…果たして。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ベルカント 自信度★★★☆☆

◎ベルカント
○ネロ
▲プリンセスムーン
☆アースソニック
☆サトノデプロマット

昨年の覇者ベルカントに衰えが出たかどうかを見極めるレース。海外遠征帰りの前走CBC賞3着を見る限りではまず大丈夫。鞍上のデムーロがスタート巧者では無いのが気に掛かるが今年も主役の座を張れる。相手にもシンプルに千直のスペシャリストを。韋駄天Sの上位馬ネロとプリンセスムーンは枠とハンデ差でひっくり返る可能性も大きい。少し紛れるとすれば3着争いで2年連続3着のアースソニックと初の千直サトノデプロマットが面白い。馬券は3連単フォーメーションで◎→○▲→○▲☆の6点に絞ってみる。

札幌11R クイーンC

【推奨馬】シャルール 自信度★★☆☆☆

◎シャルール
○テルメディカラカラ
▲メイショウスザンナ
△ナムラアン
△ウインプリメーラ
△ロッテンマイヤー

チェッキーノの直前回避によって一気に混戦模様のクイーンC。ヴィクトリアマイルではシンガリ負けのシャルールだが本質的にマイラーでは無く、適性がモロに出た形。実際にマイルでは未勝利だが芝1800m戦は【3.2.0.1】で札幌コースは【1.2.0.0】と全く崩れていない。前に行きたい馬が揃い過ぎているので、中団で構える脚質もベストでこの条件替わりは理想的で巻き返せる。相手には古馬になってからが本当に楽しみなハービンジャー産駒テルメディカラカラ、昨年の覇者メイショウスザンナを抜擢。前に行く馬は全部いなくなるイメージで馬券を買ってみたい。馬券はシンプルに単勝と馬連のみで勝負する。

【若駒推奨馬】

札幌10R 道新スポーツ賞 カイザーバル(3歳) 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
君子蘭賞の勝ちっぷりからこの春のクラシックでも面白い存在になったであろうカイザーバル。春は自重したが休養明けのここから秋へ羽ばたきたい。

新潟8R 3歳以上500万下(芝2000m) アウェイク(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
さすがにGIでは家賃が高かったアウェイクだが、血統から距離の壁も感じさせられた。気持ち長い気もするが、新潟の軽い馬場でこの相手関係ならばあず好勝負。

新潟1R 2歳未勝利(芝1600m) シゲルタイガー 自信度★★☆☆☆

◎シゲルタイガー
○ルックアットミー
▲ダウンザライン
△セイウングロリアス
△パフォーム
△キタノリツメイ

新馬戦は行き足が全く付かず、鞍上も無理をしなかった為にブービー負けのシゲルタイガー。当日は4番人気に支持されていた様に調教での動きは上々だった。今回はダートから芝替わりになるが、ストリートセンス産駒はここまで芝デビュー4頭の内2頭が勝ち上がっており、完全に芝・ダート兼用血統。この条件替わりは買いやすい。馬券は単複と馬連、ワイドで流す。

小倉1R 2歳未勝利(芝1200m) ラニカイシチー 自信度★☆☆☆☆

◎ラニカイシチー
○ベルウッドカペラ
▲メイショウハバネラ
△シゲルベンガルトラ
△タガノエクレール

9頭立ての最低人気で大差シンガリ負けのラニカイシチー。最後は中京独特のタフな馬場に屈したが逃げてレースを進められたのは好材料。2000mからの一気の距離短縮で見直したい。母系はダートのスピード血統だけに意外な短距離適性が有っても良い。馬券は単複と馬連、ワイドで少額勝負。