23
November , 2017
Thursday


ちょいワル火遊び馬券【レパードS】【小倉記念】

2016年8月5日(金)02時20分更新
Pocket

レパードS(8月7日・新潟11R)

マイペースの逃げでケイティブレイブ◎

さすがに全盛期の勝負強さは薄れたが、武豊のダート重賞における成績は交流レースを含めてまだまだ他の追随を許さない。ケイティブレイブには前走のジャパンDDが初騎乗だったがやや距離が長かったかキョウエイギアの強襲にあっての②着。それでもストロングバローズ、ゴールドドリームには先着しており、距離短縮、同型が手薄の今回は先行押切りが濃厚とみて◎。伏竜Sで◎に先着し続くユニコーンSでも③着したグレンツェントが強力な対抗馬で○。2頭出し清水久厩舎のネクストムーブ、ピットボスが侮れず、前走好タイム圧勝の前者に▲、ユニコーンS④着の後者に★を打つ。△印3頭が押さえ。

◎ケイティブレイブ

○グレンツェント

▲ネクストムーブ

★ピットボス

△マイネルバサラ

△グランセブルス

△レガーロ

 

小倉記念(8月7日・小倉11R)

ひと叩きしてここ狙い!マーティンボロ◎

サマー2000シリーズの第3戦。ここまで5ポイントで3位に付けているダコールはここを勝って一歩リードしたいところだがいかにも勝ち味に遅い。1番人気不振のデータもあり敢えて○に止め、本命◎は当所得意のマーティンボロとした。久々の七夕賞を叩いての中3週、全7勝中6勝を挙げている適距離で巻き返しを期待。3番手評価の▲には鳴尾記念③着のプランスペスカ。56kでサトノノブレスに半馬身差から3k減の53kは恵まれた。昨年の②着馬ベルーフも全3勝がこの2000m。追えるDホワイトの騎乗で一押しが効けば連対圏突入の特注★。以下△印は③着の押さえに。

◎マーティンボロ

○ダコール

▲プランスペスカ

★ベルーフ

△ウインリバティ

△サトノラーゼン

△アングライフェン

△メイショウナルト