22
August , 2017
Tuesday


G線上のホース レパードS 「この夏の特注種牡馬」

2016年8月6日(土)07時52分更新
Pocket

新潟11R レパードS

今週の重賞は頭数が揃わず、綺麗に当てないと儲けるのも難しいレースかもしれません。競馬では全レース当てるのは不可能に近いです。当てるのも儲けるのも大切ですが、こういう週こそトントンを目指して競馬をしたい次第です。また来週の当欄ですが、都合により簡易版での公開になりますのでご了承ください。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】マイネルバサラ 自信度★★☆☆☆

◎マイネルバサラ
○ケイティブレイブ
▲グレンツェント
△ネクストムーブ
△ピットボス

例年ならば1000万上の古馬混合戦で勝ち負けした馬を狙いたいレース。今年は該当馬がいない上に頭数も揃わず堅め決着が濃厚。それでも、後続を離したユニコーンS1、2着馬がJDDであっさり千切られてしまっており、あのレースの上位馬を過信するのもどうか。
すっかり有名になってしまった新潟ダ1800mでの特注種牡馬シニスターミニスター。近3年で勝率33%、連対率40%、参着内率50%以上とまさに鬼。ならば同産駒のマイネルバサラを狙わない手は無い。2走前の鳳凰SではJDDを制したキョウエイギアとクビ差の2着。ユニコーンSは他の人気馬を牽制する為に逃げの手に出たが、脚を溜める競馬こそ同馬の本来の形。コース替わりでの逆転を期待する。馬券は単複と馬連、軸1頭流しの3連複で勝負する。

小倉11R 小倉記念

【推奨馬】クランモンタナ 自信度★★☆☆☆

◎クランモンタナ
○マーティンボロ
▲ダコール
△エキストラエンド
△サトノラーゼン

今年の小倉記念ははっきり言って「難解」。その難易度と配当妙味が比例すればそれに越した事は無いのだが、前日の人気を考えるとそうも思えない。昨今の中距離ハンデ重賞はディープインパクト産駒の独壇場。ここはディープ産駒に山を張ってみる。
昨年の同レースは多頭数で大外を回り0.2秒差4着だったクランモンタナは平坦巧者。近走は冴えないがその中でも1番成績を残していたのは3走前で平坦小回りの福島コースだった。昨年より5頭少ない12頭立てならば捌くのにも苦労しないはず。妙味の有るディープ産駒で1発を狙ってみる。馬券は単複と馬連・ワイド流しで相手もオールディープ産駒。

【若駒推奨馬】

札幌6R 3歳以上500万下(ダ1700m) ハマヒルガオ(3歳) 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
ここまで芝のみを使われてきたが、母母はダートの名牝ブロードアピール。更に母父キングカメハメハ、父クロフネと配合的にも待望の初ダート戦で要注目。

札幌2R 3歳未勝利(ダ1000m) クインズフェザー(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
ここまで中距離ばかりでマイルはおろか1400mすら1回も使われた事の無いクインズフェザー。ダート1000m戦得意のサウスヴィグラス産駒で700mの短縮は大きな買い材料。

小倉6R 2歳メイクデビュー(芝1200m) ショウサンルヴィア 自信度★★☆☆☆

◎ショウサンルヴィア
○ゲイムフリー
▲レ-ヌミノル
△メイショウルーシー
△ヤマノヒマワリ

小倉芝1200m戦で圧倒的に成績が良いのがキンシャサノキセキ産駒。近3年で連対率30%以上、3着内率に至っては45%以上と恐ろしい数字を残している。ここは2頭出走するが注目はショウサンルヴィア。母ショウサンウルルはダートながら1400m戦で2勝と短距離指向(しかも1200m戦は未経験)。強敵はダイワメジャー産駒のレーヌミノル。馬券は単複と○▲を本線に馬連、ワイド流し。

札幌5R 2歳メイクデビュー(芝1800m) インヴィクタ 自信度★★☆☆☆

◎インヴィクタ
○ハタノアデール
▲バトルスピリッツ
△ロードコランダム

インヴィクタの母母ハルーワソングはマーティンボロ、フレールジャックを輩出。またその兄姉ハルーワスウィートからもヴィルシーナ、シュヴァルグランが出ている優秀なファミリーライン。インヴィクタの半姉クィーンズベストはワークフォース産駒ながら今年のカーネーションC勝ち。父がハービンジャーに変わったが、軌道に乗れば1発が有りそうな配合で初戦から注目してみたい。馬券は単勝と馬連のみで勝負する。