18
August , 2017
Friday


シンガーで作詞作曲もする美女・色紙実優にインタビュー! 「ジャンルにとらわれずマルチにできる作曲家になりたい」

2016年8月19日(金)10時00分更新
Pocket

qq-1

  見た目の雰囲気通りの清楚感たっぷりの美女・色紙実優ちゃん(Twitter@miyu_miyu_07)。定期ライブとして、「CROSS×OVER」(AiLi(Twitter@aili_1129)七海なな(Twitter@7_nanaumi)、Lovely Pops(Twitter@_lovelypops_)などが出演中)で涼しげな癒しボーカルを聴かせております。 そんな実優ちゃんにインタビューしちゃいました。

   ◇    ◇    ◇

――音楽のスタート

「幼少期から音楽が好きでした。音が出る物がとにかく好きだったんです。 幼稚園でオルガンとかを弾いたり楽しんでいましたけど、本格的にレッスンを受けるようになったのは、小学1年のときのクラシックピアノでした。 作詞作曲に関しては……小学5年ぐらいに作っていましたね。 友達と「ユニットを組もう!」とかやってました。アイドルというよりもアーティストよりな曲でした」

――DTMについて

「DTM(PC)で曲を作り出したのは、20歳すぎからです。 ピアノを使って曲を作っていたんですが、頭のなかで、別の楽器の音色が鳴るんです。そんなときに、DTMならば自分の作りたいように作れるなと思って始めました。 DTMの苦しみは……例えば、ボカロからスタートした人だと、人が出せない声とか、人にはできない楽器フレーズやパターンで作っても抵抗がないと思うんです。 でも、私と同じように、生楽器の経験がある人は、『このフレーズはできないだろう?』となると、躊躇しちゃうんです。そういう部分で悩むことがありますね。 でも、最近は生楽器の音源もありますので、自分がカッコイイと思う曲にしていきたいです。 使っているソフトははLogicです」

――自分の得意分野

「クラシックをやっていたので、癒し系の曲が得意です。 あと、最初に習ったのがクラブミュージックを作っているところだったので、四つ打ちリズムの曲も得意ですよ! 絶対に人では叩けないかもしれないけど、気持ちいいリズムってありますよね」

――活動について

「この前仲良しである七海ななちゃんに彼女の登場曲を作曲して、7月27日のライブでお披露目しました。 あと自分のライブではMCのときに、自分で作ったインストを披露しました。 作詞も得意じゃないけれどしますよ。トータルで作ったほうが楽曲提供しやすいみたいです。 今後は、自分で歌う曲はもちろん、いろいろな人に楽曲提供をしていきたいです」

――将来の夢

「映画音楽が好きなので将来的には映画音楽を作りたいです。 ですが、ジャンルにとらわれずマルチに作曲できる作曲家になる事が理想です」

   ◇    ◇    ◇

 7月27日開催した「CROSS×OVER vol.17」では、MC時に彼女が作曲したインストを披露。そして、七海ななちゃんの登場曲も作曲した色紙実優ちゃん。これからの活躍に期待です。 次回登場ライブ=Glad&Honey Beat presents「CROSS×OVER vol.18」 東京・渋谷Gladにて8月23日開催!チケット詳細=https://tiget.net/events/5692。出演=AiLi、七海なな、大河内美紗、色紙実優、Cheer・1、Lovely Pops、常盤ゆい、ななこ、lvy and more…

 このライブでは、彼女が作曲したインスト2曲入りCDを限定発売します。 Twitterやブログをチェックして、ライブを見にいってくださいね。

■色紙実優(しきし・みゆ)  1987年4月7日生まれ。出身地=新潟県 T161cmB86W59H88 趣味/特技=作曲/ピアノ、イラスト、占い(タロット、マヤ暦、カラーボトル) Twitter@miyu_miyu_07 ブログ=http://ameblo.jp/music-miyu7/

取材・写真=麻雅庵(Twitter@an_asaga_otft