24
November , 2017
Friday


G線上のホース 札幌記念 「穴は類似配合に有り」

2016年8月20日(土)07時00分更新
Pocket

札幌11R 札幌記念

今週は札幌記念・モーリス、北九州記念・ベルカントと断然1番人気馬が出走。恐らく両馬共に馬券圏内を外す可能性は低いと思いますが、だからと言ってこれらの馬に◎を打つつもりは有りません。モーリスは前走の安田記念でも○を打ちましたし、ベルカントはアイビスSDで2年連続◎を打ちました。どうしようも無い時には◎を打ちますが、今週はそうは思えないから○止まりです。肝心の予想は本編でお楽しみ下さい。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】スーパームーン 自信度★★☆☆☆

◎スーパームーン
○モーリス
▲ヒットザターゲット
△ヤマカツエース
△レッドソロモン
△ネオリアリズム
△ヌーヴォレコルト

良馬場だとトーセンレーヴを推したかったが、どうやら臨めなそうにないので泣く泣く諦める。モーリスは距離延長と折り合いが鍵だが絶対能力は上位。前々でいつも通りの競馬をするはずで、普通に能力を発揮すれば勝つだろう。ただマイルであれだけ強い競馬をした馬で、洋芝は初めての上に不良馬場が濃厚。付け入る隙が有るならばそこだろう
父ロベルト系×母父サドラーズウェルズとモーリスと酷似した配合のスーパームーン。中団から差す競馬が出来る上に札幌2000mで勝ち鞍も有る。2年前の札幌記念で惨敗しているが、この時はハープスターとゴールドシップが後続を離した高速決着。今年の馬場とは全くベクトル逆なので度外視出来る。ハマるかハマらないかの競馬だとは思うがこの馬の魅力に賭ける。買い方が難しいが、単複と馬連・ワイドで組み立てる。

小倉11R 北九州記念

【推奨馬】バクシンテイオー 自信度★★☆☆☆

◎バクシンテイオー
○ベルカント
▲メイショウライナー
△オウノイチ
△フルールシチー
△ベルルミエール

去年と違うのはベルカントの斤量が1キロ増。アイビスSDを勝つには勝ったがネロ相手にあの接戦では確実に能力は衰えている様に思う。狙いたいのはこのレースで昨年6着のバクシンテイオー。当時は休養明けでのスピード決着で、休養明け距離短縮の同馬にとっては非常に苦しい競馬。それとは違って今年は叩き3戦目で小倉滞在からの同じスプリント戦。ハンデは昨年と据え置きながら状況は好転しておりまさに穴に打ってつけ。馬券はこの馬から買ってみる。相手はベルカントで仕方ない。馬券は単複と○との馬連、ワイドを1点と3連複は◎○からの2頭軸流しで買う。

【若駒推奨馬】

新潟9R 村上特別 ショウナンサスケ(3歳) 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
伸びるインがたまさか空いたにせよ前走の未勝利戦は他馬とは違う脚。昇級戦もこの組み合わせなら断然優勢。

新潟6R 3歳未勝利(芝2400m) バンダムザブラッド(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
7戦目にして初の芝になるが、父ハーツクライ×母父キングマンボなら芝でも楽しみ。ちなみに半姉も同じ新潟2400mの内回りで初勝利。

札幌9R クローバー賞 ビービーアルボーレ 自信度★★☆☆☆

◎ビービーアルボーレ
○トラスト
▲ユアスイスイ
△レインハート
△ブラックオニキス

岡田総帥が送り出す川崎競馬所属のトラストに注目が集まるも今回は初の芝。父スクリーンヒーロー×母父エイシンサンディと一見字面は地味ながら、要するに父ロベルト系×母父サンデー系と完全に芝も対応出来る配合なのだが…。あくまでも断然人気が予想されるが故に少し嫌ってみたい。道営馬は6頭全頭が初芝になるが、個人的に狙いたいのがビービーガルダン産駒のビービーアルボーレ。父系を辿ればチーフベアハート、母父アグネスタキオンと渋った洋芝はどんと来いの配合でまさに人気の盲点。馬券は単勝と○との馬連、ワイド、馬単と2頭軸で3連複も買う。余裕が有れば◎○→◎○→印各馬への3連単も買い足す。

新潟5R 2歳メイクデビュー(芝1600m) エディフィス 自信度★★★☆☆

◎エディフィス
○スマイルフラワー
▲コスモミュート
△ピンクガーベラ
△アスヘノキボウ
△ニシノオマージュ

エディフィスの兄姉4頭は全て勝ち上がりここまで全9勝。牝馬に出たが父がステイゴールドに変わり、これまでにない爆発力に期待出来そうな配合。幸いにも尾関厩舎にはステイゴールド牝馬で活躍したココロノアイがおり、扱い方は承知しているはずで楽しみが大きい。ここを勝ち切れば暮れの大舞台まで一気に駆け抜けてもおかしくは無い1頭。相手にもステイゴールド産駒を重視し、馬券は頭固定の馬単と3連単で組み立てる。